h2_kosodatetai.jpg

ベビーハウス mama(ママ)

ベビーハウス mamaは、子育て中のお母さんを主な対象として、お母さんの小さな声にも耳をかたむけ、お母さんが元気になるためのサポートができればと、1993年(平成5年)に、誰でも利用できるショートステイ専門の託児所としてスタートしました。
現在は、託児所であったなごりを残しながら、ベビー・子ども用品のリサイクル・レンタルショップを運営し、今年で27年目を迎えます。
(※現在は、託児、フリースペース「ママルーム」はしておりません。)

店内には子どもが使える商品が並び、先輩ママから次のかたへバトンタッチ。まだまだ使える育児に必要なものが、必要としているかたへ渡る素敵な循環です。


さあ、早速店内へ♪

 

  
店内は、アットホームで居心地の良い雰囲気♪ベビー・キッズ衣類や靴や小物のバリエーションも豊富です!(※大型ベビー用品(チャイルドシート等)は、一部レンタル品があります。)

  
使用したけどまだまだ着られる洋服や、一度しか袖をとしていないスーツがあり、中には「買ったけど使う機会がなかった。誰か使ってくれる人はいないかなあ?」など、様々な理由で使われなかった新品の商品もありました。

 
1階から下につながっている階段を下りると、チャイルドシート、ベビーチェアなどのベビー大型用品が所せましと並んでいます。

 
さく乳器・哺乳瓶などの授乳用品といった様々なベビー用品があります。

 
髪留め(左)、鍋敷き(右)など、見ているだけでワクワクするようなハンドメイドの小物も種類が豊富♪


絵本のほかに、手作りのハンドメイドのエプロンやスタイ、絵本袋、道具袋、体操服入れも取り扱いがあり、見る楽しさ、選ぶ楽しさが味わえます♪

 

<ベビーハウス mamaの那須さん、横川さんにお話を伺いました!>
昨今のコロナの影響で4月末から5月連休明けまで休業していました。式典が中止になった事でフォーマルスーツのレンタルがなかったり、県外からの里帰り出産を予定されていた方が帰省できなくなった為にチャイルドシートのレンタルの予約がキャンセルになるといった事が多々ありましたが、5月に入ってからは、コロナの影響による自粛期間中のステイホームで皆さんが家にいる時間が長く、家の片付けをして大きなおもちゃ、チャイルドシート、大型ベビー用品などを品物として売りに来られる方が多かったので、私たちとしては品物が増えて有り難く思いました。

子どもの成長は早いもので、服のサイズがどんどん変わり、遊び方、選ぶおもちゃ、チャイルドシートのタイプも成長に合わせて変わっていきます。
古着といっても綺麗な状態で十分着られる服はたくさんありますし、赤ちゃん用品を使う期間は短いので、ぜひ生活の中に古着やレンタル品の活用を取り入れていただきたいと思います。

お店まで足を運んでくださるお母さんたちは、生活の中にレンタル品を上手に活用されています。親子やご家族で産前・産後のグッズを探しに来られる方も多くいらっしゃいますし、中には産まれてくる赤ちゃんの出産前の準備でチャイルドシートを見に来られた妊婦のお母さんの姿も見られました。
当時、赤ちゃんだったお子さんがお母さんになられてご自分のお子さんを連れて来て下さったり、お母さんだった方にお孫さんが産まれ、おばあちゃんになられてから久々に再会できたり、これまでもたくさんの嬉しい出来事がありました。

私たちは、お客様の好みを知り、お一人おひとりに寄り添いながら必要なもの・探しているものを一緒に選んでいます。スタッフも同じ子育てを経験した母ですので、どれを買ったら良いか迷ったり、子育てで困っている事があれば、相談にものっています。人に話す事で気持ちが晴れたり、軽くなったりするものです。たまにはゆっくり人とおしゃべりをして気分転換しませんか?!私たちと、お気に入りのものを一緒に見つけていきましょう♪

 

≫≫ベビーハウスmama≪≪
倉吉市清谷町1-116
TEL:0858-26-3781
【営業時間】11:00~17:00
【定 休 日】不定休
Instagram:https://www.instagram.com/babyhouse.mama/

※リサイクルは委託品のため、お買い上げ後の返品・交換はできません。よくお確かめの上お買い求めください。