とっとり子育て隊(子育て情報掲示板)

西部

子ども食堂ネバーランド

~子どもと 地域と 未来をつくる~

今回は、米子市の「子ども食堂ネバーランド」をご紹介します!
「子ども食堂ネバーランド」は、平成29年(2017年)5月に発足し「子供の未来応援基金」の支援を受け、子ども食堂を中心とした様々な子育て支援事業を実施しています。運営の中心となって活動しているのは、代表の辻聡さんと奥様で副代表の洋江さんご夫妻です。
続きを読む

発達障がい児親の会CHERRY(チェリー)

~不安や悩みを話し合える「居場所」を作りたい~
発達障がい児親の会CHERRY(チェリー)は、米子市を中心に活動している発達障がいのあるお子さんをもつ親の会です。(以下「親の会CHERRY」と言います。)
「親の会CHERRY」は、発達障がいのあるお子さんの子育てに悩んでいる時、一人で抱え込んでしまっているお母さん・お父さんが子育ての困り感や悩みを相談したり、不安を吐き出したり、気楽に話せる「居場所」を提供しています。定例会を始め、様々な勉強会や楽しい活動を行っており、活動を始めて10周年を迎えます。
続きを読む

企業・地域型 たいそう さん☆さん保育園

たいそう さん☆さん保育園は平成30年3月に働き方に応じた多様で柔軟な保育サービスを提供するために開園された企業主導型保育園です。
体操に特化した保育園として運動のための本格的な器械が充実し、マット運動や跳び箱、鉄棒を中心に年齢に応じた活動内容で子どもたちに運動の楽しさを伝えています。
続きを読む

企業・地域型 きら☆きら保育園

きら☆きら保育園は平成30年3月から働き方に応じた多様で柔軟な保育サービスを提供するために開園された企業主導型保育園です。
新築・木造で年中快適な園舎では、薄着・素足保育を実施し、1歳から就学前の子どもたちが元気に通っています。自然プログラムとして日南町や大山、和田の農園などへ園バスで出掛け、四季を通じて年齢に応じた園外活動を行い、季節の遊びを取り入れています。
続きを読む

認定こども園あけぼの幼稚園(とっとり自然保育認証園)

鳥取県では、豊かな自然を活用し、自然体験活動を行う保育所、幼稚園等の施設を認証する
「とっとり自然保育認証制度」を平成29年3月31日に創設しました。
今回は、この自然保育認証制度に認証された保育施設をご紹介します!

(とっとり自然保育認証制度について、詳しくはhttp://www.pref.tottori.lg.jp/267067.htm をご覧ください。)
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

~あい、ゆめ、きらら。~

あけぼの幼稚園は、平成25年4月に新園舎が完成し、幼保連携型認定こども園としてスタートしました。広い敷地には大きな2階建ての園舎と園庭に加えて『わんぱく広場』があり、『わんぱく広場』では菜園活動に取り組んだり、ビオトープや砂場での遊びを楽しむ園児の姿が見られます。
続きを読む

巌保育園(とっとり自然保育認証園)

鳥取県では、豊かな自然を活用し、自然体験活動を行う保育所、幼稚園等の施設を認証する
「とっとり自然保育認証制度」を平成29年3月31日に創設しました。
今回は、この自然保育認証制度に認証された保育施設をご紹介します!

(とっとり自然保育認証制度について、詳しくはhttp://www.pref.tottori.lg.jp/267067.htm をご覧ください。)
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

巌保育園は、のどかな田園風景に囲まれた静かな住宅地の中にあります。
様々な活動を年間行事に取り入れ、地域の方との交流や自然とのふれあいを大切にしながら園外保育を行っています。地域にでかけ、四季折々の自然の中で虫や草花を探し、工夫を凝らした遊びを展開しながら、子どもたちは毎日を元気よく過ごしています。

また、園舎前に並べてあるプランターには色々な品種の野菜を栽培し、収穫した野菜を使って、作る事や食べる事を楽しむ『食育』に繋げています。園生活の中で基本的な生活習慣を身につけながら、幾多の自然体験を通して、のびのびと情緒豊かな子どもを育成し、地域に根付いたぬくもりのある保育園づくりを目指しています。

 
(写真左)巌保育園の外観。
(写真右)園舎の近くには水路があり、周辺はのどかな田園風景が広がっています。

 

<今年も「どろんこ遊び」と「田植え」を楽しみました!>
毎年恒例の「どろんこ遊び」と、年長児による「田植え」の様子をご紹介します!
これまでは園庭で毎年「どろんこ遊び」をしていましたが、今年は・・・!

~園外保育(田んぼでのどろんこ遊び)~
 
5月は、地域の方が耕してくれた田植えを行う前の田んぼで、きりん組(年長児)と、ぱんだ組(年中児)が「どろんこ遊び」を楽しみました!

 
この日を心待ちにしていた子どもたちは、お尻を付けてみたり、寝そべったり、ダイナミックに田んぼにダイブしたり、やわらかい泥水の感触を満喫!これぞ、どろんこ遊びならではの醍醐味です!!

 
「キャハハ!田んぼの中が気持ちいい~!」と、楽しそう♪
子どもたちも先生たちも一緒にどろんこになりながら、終始どろんこ遊びを楽しみました!

 

~園外保育(田植え)~
 
6月は、きりん組(年長児)が初めての田植えに挑戦!田植えをする子と、その様子を見守る子の2グループに分かれ、交代で行われました。
(写真右)一人ずつ稲を持ったら、田植え開始~!

 
(写真左)そろりそろりと田んぼに入って、丁寧に田植えをする子どもたち。
(写真右)植え方を教えていただくのは、毎年ご指導いただいている地域の方で、卒園児のお父さんの冨田さん(奥)です。

 
(写真右)初めは静かに田植えを見守っていた子どもたちでしたが、何やら即興で “頑張れ~!” の応援ソングを歌いだしました♪

 
洋服も足も見事にどろんこ~!!

 
「もう1回やりたあ~い!」「たのしかった♪」「水が温かかった!」と、子どもたち。ペースはそれぞれ違っても一人ひとりが丁寧に田植えをやりきりました。

 
(写真左)最後に、お世話になった冨田さんに子どもたちから「今日はありがとうございました!」と元気に感謝の言葉を伝えていました。冨田さんからは「みんな上手に出来ましたね!」と太鼓判!嬉しいね♪

 

<稲刈り&おにぎりパーティー>
今年も9月は稲刈り、11月は焚いた米をおにぎりにして「おにぎりパーティー」をされるそうです。
 
(写真左)稲刈りの様子。刈った稲は「はでかけ」にしました!
(写真右)おにぎりパーティーの様子。
たくさんの写真を園内に掲示して、子どもたちの様子を保護者の方へ伝えています。先生の手作りです♪(※写真は昨年の様子/PDF)

 

<三浦園長先生からお話を伺いました!>
巌保育園は、子どもの『食育』『自然の中での体験』を大切にしています。
年長児による毎年恒例の行事の「田植え」では、初めての田植えに挑戦する子どもたちですが、冨田さんにご指導いただきながら保育者と一緒に上手に田植えが出来ました。稲の育つ過程を子どもたちと楽しみにしており、収穫して食べるまでが今から待ち遠しいです。

園では、色々な野菜を育てています。園舎周辺に置いているプランターでは、トマト・ナス・ピーマン・パプリカ・キュウリ・オクラなど。また、近くで借りている畑では、枝豆、スイカ・カボチャを作っていて、子どもたちで収穫した野菜を給食で食べたり、夏は、採れた野菜をたっぷり入れた夏ならではの夏野菜のカレーを作って食べる事を楽しんでいます。

また、収穫した野菜をたっぷり使ったピザ作りもしています。例年は年長児が作ったピザを切って分けあって食べるのが主流でしたが、今年はコロナ対策としてギョウザの皮を生地として代用し、一人1個で食べられるピザを作りました。コロナ禍ではあるものの、そのやり方を試行錯誤しながら、栽培から収穫、食べるという一連の流れを通して子どもたちに『食』の大切さを伝えています。

巌保育園では毎朝の活動として、年少児から年長児がラジオ体操後に園舎のそばにある4軒程のお宅の前の私道(※許可を得ています。)を走らせていただき、元気に朝のマラソンを実施しています。地域の方のご理解・ご協力の下、子どもの安全を確保する中で、四季折々の自然に触れながら、子ども達一人ひとりの豊かな感性を育んでいます。

 

≫≫巌保育園≪≪
鳥取県米子市蚊屋291-11
TEL・FAX 0859-27-0806
HP:http://yonago-fukushikai.net/index.php?view=5233

大山トム・ソーヤ牧場


大山トム・ソーヤ牧場は、緑いっぱいの大自然の中でアルパカをはじめとするたくさんの動物たちと触れ合える、大山のワンダーランド!大山の裾野に広がる敷地の中で、のびのびと放し飼いにされた約20種類200頭の可愛らしい動物たちにエサをあげたり、抱っこをすることができます。場内には、ドリンクや軽食など幅広いメニューを取り揃えるフードコーナーがあり、子どもから大人まで一緒に遊んで楽しい体験ができる場所です。
続きを読む

かもめ幼稚園

米子市にあるかもめ幼稚園は、平成18年4月に新園舎が完成し、令和元年12月現在で180名の園児が元気に通っています。広い敷地には大きな2階建ての園舎と緑一面に広がる芝生の園庭に加えて、160坪の大きな砂場があるのが特徴的。近くには松林があり、日本海が望め、自然にも囲まれた環境にあります。木が多く使われている園舎はいつも明るい光が差し込み、開放的でオープンな造りになっていて、どの部屋からでも園庭が見渡せるようになっています。

健康・安心・安全に基づいた保育・教育を行うことを中心に、園では様々な取り組みが行われています。幼稚園での遊びを通して、『自尊心』『粘り強さ』『人と関わる力』を育て、一人ひとりの個性を認め、共感し合い、子どもたち一人ひとりの育ちに寄り添いながら、ゆったりとした環境の中で充実した保育と幼児教育を実践しています。

続きを読む

大山町子育て支援センター「だいせん」

鳥取県西部にある大山町には子育て支援センター「なかやま」と「なわ」と「だいせん」の3施設があります。子どもの健やかな育ちを促進することを目的とした子育て拠点施設として、乳幼児期の子育て家庭をサポートしています。今回は3施設のうちの一つ、「子育て支援センターだいせん」にお邪魔しました!(以下「だいせん」と言います。)

「だいせん」は、妊婦さん、0歳から就学前のお子さんとご家族が自由に利用できる場所として開設され、季節ごとに楽しめる遊びを取り入れながら、親子で楽しめるイベントを開催しています。

続きを読む

夜見保育園(とっとり自然保育認証園)

鳥取県では、豊かな自然を活用し、自然体験活動を行う保育所、幼稚園等の施設を認証する
「とっとり自然保育認証制度」を平成29年3月31日に創設しました。
今回は、この自然保育認証制度に認証された保育施設をご紹介します!

(とっとり自然保育認証制度について、詳しくはhttp://www.pref.tottori.lg.jp/267067.htm をご覧ください。)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

鳥取県西部の米子市にある夜見保育園は、昨年11月に新しい園舎が完成し、今年初めての卒園児を送り出しました。園舎には“無垢材(むくざい)が多く使われていて、そのほかにも子どもの手の届くところは、石や土壁などの自然素材で造られています。園舎の中は風通しが良く、年間を通して子ども達が過ごしやすい環境が整っています。

続きを読む