h2_kosodatetai.jpg

さとに保育園(とっとり自然保育認証園)

鳥取県では、豊かな自然を活用し、自然体験活動を行う保育所、幼稚園等の施設を認証する
「とっとり自然保育認証制度」を平成29年3月31日に創設しました。
今回は、この自然保育認証制度に認証された保育施設をご紹介します!

(とっとり自然保育認証制度について、詳しくはhttp://www.pref.tottori.lg.jp/267067.htm をご覧ください。)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

さとに保育園は、園舎周辺の田畑の探索等の自然体験や地域の方との交流をしながら地域の自然環境に興味・関心が持てるような取り組みを行っています。園舎内は温かな雰囲気の中で子どもたちが安心した養護と教育が受けられる環境が整っています。

栽培活動では、地域の方の指導を受けながら一緒に野菜の苗を植えたり、収穫を体験しています。園外で出会う地域の方とあいさつを交わしたり、収穫体験を通して交流を深め、地域と連携しながら地域全体で子どもたちの成長を見守っています。

 

~野菜の収穫体験~
 
スーパーなどでは見る機会の少ない葉っぱのついた玉ねぎやサツマイモなどの野菜の収穫体験の様子。野菜の収穫体験を通して『食』への関心を深めています。

 

~異年齢交流保育「なかよし保育」~  
園では、全園児を対象に異年齢で交流する保育「なかよし保育」を行っています。「なかよし保育」では、季節の遊びや体験を通して、いろいろなクラスの友だちと関わる中で、思いやりの心を育てます。
 
(写真右)先生手作りのスライダーの上から、どんぐりやまつぼっくりをコロコロ転がして遊ぶ子ども達。

 
落ち葉を使って製作をしたり、落ち葉を思いっきり空高く放り投げたり、落ち葉やどんぐりを使った遊びを楽しんでいる様子。

 

~園舎の周辺には、自然がいっぱい~
 
この日の天候は晴れてお散歩日和。春風の吹く中、オレンジの帽子をかぶった2歳児が2人組のペアになって、園舎から元気よく出発しました!

 
(写真右)近所のデイケア施設内から、散歩をしている園児の姿を見られた利用者のおばあちゃんが窓越しに手を振ってくれていました。おばあちゃんに気づいた先生が子ども達に伝えると、子ども達も笑顔でおばあちゃんに手を振り返していました。「こんにちは~♪」

 
(写真左)続いては、畑仕事をされている地域の方を発見♪元気にあいさつを交わしていました。

 
緑の葉っぱが生い茂る広場で自由に遊ぶ子ども達。バッタやカマキリなどの生き物を探したり、ピンクや黄色の野花を見つけたり、かけっこをして遊んでいました。

 
田んぼのあぜ道で、つくしを発見♪つくしが顔を出し始めていました。
(写真左)「つくし、見つけたよ~!」
(写真右)黄色いタンポポを両手に嬉しそう♪

 
散歩をしていると、信号や横断歩道のない道路を横切る場面もありました。子ども達は先生をお手本に「右みて、左みて、もう一度右をみて」と、指をさしながら左右の安全確認をしたあと、手を上げながら道路を横断していました。

 
園に戻ってきましたが、お昼までには少し時間があります。「お昼ごはんまで、もう少し時間あるから園庭で遊ぼうか♪」と、先生の問いかけに「やったあ~!」と、嬉しそうな表情をしながら、走って園庭へ向かっていました。

 
すべり台や四輪車などの遊具で遊んだり、芝生の園庭を元気に走り回ったり、楽しそうにはしゃぐ子ども達の姿が見られました。

 

<木村園長先生にお話を伺いました!>
今日は風が吹いていましたが、晴れていたので春をみつけに園外へ散歩に出かけました。子ども達は、保育者と一緒にバッタやカエルなどの昆虫探しをしたり、つくしや野花を摘んだり、自然に触れながら春の訪れを感じたことと思います。普段の園生活の中で、芝生の園庭で遊んだり、園外へ出て身近な自然にふれることを楽しんでいます。

本園では取り組みの一つとして、なかよし保育(異年齢交流保育)を実施しています。年下の子どもにとって、年上の子どもは憧れのような存在です。縦割り保育にすることで、年上の子どもは年下の子どもに対して自分の出来ることを教えたり、ときにリーダーシップをとったり、反対に年下の子どもは、年上の子どものマネをしながらでも挑戦しようとする気持ちが芽生えます。異年齢の子どもが一緒にふれあう機会をもつことで、思いやりや人と関わることの楽しさを知ったり、刺激を受けたりします。異年齢間での遊びを通して、いろいろなことに興味・関心を持ちながら、子ども達は日々成長していきます。

地域とのつながりも深く、園外で出会う地域の方とあいさつなどを交わしたり、地域と連携しながら地域全体で子どもたちの成長を見守っています。のどかな田園風景が広がっている園の周辺は車の通行もありますが、保育者が子どもの安全を確保しながら、安心の中で子ども達が心から楽しめる保育環境を大事にしています。


「家庭的であたたかい雰囲気を大事にしています」と話す、木村園長先生。

 

 

 

≫≫さとに保育園≪≪
〒680-0935 鳥取市里仁27
TEL 0857-28-4392  FAX 0857-30-0800

HP:http://www.satonikai.jp/satoni/