h2_kosodatetai.jpg

キッズタウンさくら(とっとり自然保育認証園)

鳥取県では、豊かな自然を活用し、自然体験活動を行う保育所、幼稚園等の施設を認証する
「とっとり自然保育認証制度」を平成29年3月31日に創設しました。
今回は、この自然保育認証制度に認証された保育施設をご紹介します!

(とっとり自然保育認証制度について、詳しくはhttp://www.pref.tottori.lg.jp/267067.htm をご覧ください。)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

キッズタウンさくらは、平成29年4月の子ども・子育て支援新制度スタートに伴い、幼保連携型認定こども園へ移行し、「認定こども園キッズタウンさくら」として新たにスタートしました。0歳から就学前の子どもを預かり、保護者や地域の人の温かい眼差しに見守られながら、長い歴史を受け継いでいます。

園の目指す子どもの姿は“心も体も元気な子”。この目標に向かって教育・保育を展開し、一人ひとりの発達と個性を大切にしながら、幼児期にふさわしい生活や遊びの中で、生きる根っこを育んでいます。園では、四季を通して年齢に応じた園外活動を行い、季節の遊びを取り入れながら様々な行事を行っています。

 

~元気いっぱい!農道マラソン~
この日も年長児による農道マラソンの日。車の通行がない田んぼ道や川沿いのコースを走ることが年長児の毎朝の日課になっています。
 
出発前の無邪気な笑顔で「いってきま~す!」と、楽しそうな子ども達。

 
(写真右)準備が整った子どもから順番に園庭へ集合して整列しました。「無理したらいけんよ~」と、出発前の子ども達に声掛けをする園長先生(中央)。

 
「さあ農道マラソンへ、出発~!」の先生の掛け声に合わせて、子ども達が「進行~!」
と、元気に出発しました!園舎裏にあるマラソンのスタート地点までは歩いて向かいます。

スタート地点に到着!
 
(写真左)「よ~い、スタート!」と、手を上げる先生の合図で農道マラソンがスタート!
(写真右)先頭が勢いよく走り出しました。

 
山や田んぼに囲まれたのどかな田園風景が広がる中、折り返し地点の田んぼ道まで、元気に走る子ども達。

折り返し地点で、小休憩♪
 
「さあ、園の近くまでマラソンして帰ろうか!」と声をかける先生に対し、子ども達は「マラソン楽しい!」「やったあ~!」と喜ぶ声や、中には「え~、つかれたあ~。」と、声に出す姿も見られました。

 
田んぼ道に咲く植物を見つけて、満面の笑み♪「見て~!こんなのみつけたあ!」

さあ、農道マラソンの続き♪
 
折り返し地点からスタート地点までマラソンをして帰ります。「さあ、行くよ!よ~い、スタート!」と、先生の掛け声で子ども達が一斉に走り出しました。「マラソンは自分のペースで走るんだよ~!」と先生が子ども達に声をかけていました。

 
スタート地点からは、歩いて園舎へ向かいました。園庭に元気な声が響く中、農道マラソンは終了しました!

 

<陶山園長先生にお話を伺いました!>
雄大な大山(だいせん)と豊かな田園風景に囲まれ、 恵まれた自然環境の中にある本園は、年間を通して様々な活動を行事に取り入れ、地域の方との交流や自然とのふれあいを大切にしながら、四季折々の自然の中で園外保育を行っています。アクティブラーニングのスタイルを取り入れながら、子ども達が主体となっていろいろな発見をしたり、感じたりするものを大事にしながらあそびの中で学びを深めています。

毎朝の日課になっている農道マラソンでは、緑がきれいだったり、稲穂が伸びていたり、春・夏・秋・冬の季節ごとに変化していく景色を身近に感じながら、身体を動かすことを楽しんでいます。夏には、園舎にカブトムシが飛んできますが、子ども達は園で幼虫がさなぎから成虫に育っていく様子を見守りながら、“いのち”のつながりを学んでいます。また、異年齢との関わりを通して、思いやりの心や信頼関係を育んでいます。

このたび自然保育認証園になったことで、改めて自然体験活動について考える良い機会となりました。これからも一つ一つの活動を大事にしていきたいと思っています。

「この地域を好きになってほしい。」と、子ども達への思いを語る陶山園長先生。

 

 
園舎前からは雄大な大山が望める、キッズタウンさくら。広い芝生の園庭にはすべり台や砂場等の遊具が設置されています。

 

≫≫キッズタウンさくら≪≪
鳥取県米子市兼久606-3
TEL 0859-26-2692

HP:https://www.kohoen.jp/