h2_kosodatetai.jpg

とっとり自然保育認証園(向山保育園)

向山保育園

鳥取県では、豊かな自然を活用し、自然体験活動を行う保育所、幼稚園等の施設を認証する
「とっとり自然保育認証制度」を平成29年3月31日に創設しました。
今回は、この自然保育認証制度に認証された保育施設をご紹介します!

(とっとり自然保育認証制度について、詳しくはhttp://www.pref.tottori.lg.jp/267067.htm をご覧ください。)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

向山保育園は、倉吉市のほぼ真ん中に位置し、向山の南の高台にあります。

森林に囲まれた広い施設環境と充実した保育環境を生かし、四季を通して森林浴や園外保育を十分に取り入れ、豊かな感性を育てながら健康づくりにつとめています。また、子どもの主体性を尊重し、集団生活を通してたくさんの体験や経験をする中で、一人ひとりの心身の発達を認めながら保育を進めています。

~緑に囲まれた広い園庭~
天気の良い日は、登園してきた園児から園庭へ出て遊びます。葉の色が変わるごとに季節の移り変わりを感じ、自然に親しみながら思いきり外遊びを楽しみます。

 
広い園庭は、子どもの遊びへの探究心を掻き立てる場所です。

 
園庭にある松林の中で、伸び伸びと自由に遊ぶ園児。
園庭は緑に囲まれ、まるで森の中にいるような雰囲気です。

 
「さあ、今日は園庭で何をして遊ぼうか~?」
(写真右)さあ、フラフープをつなげたら出発進行!!園庭を探索中~♪

 
(写真左)地面には色とりどりの落ち葉が一面に広がり、園児は手の平で落ち葉を抱え込むように拾い集めていました。

 
(写真左)園長先生(左)が両手いっぱいに抱えた落ち葉を空高く舞い上げると、落ち葉がひらひらと空中に舞い、それを見ていた園児もにっこりと笑顔に。
(写真右)寝転がって落ち葉をかけられ、はしゃぐ園児。

 
園庭には様々な木が植えられ、木登りをしたり、斜面を登ったりできる自然の遊び場があります。

 
(写真左)大きな岩は、天然のすべり台。
(写真右)傾斜面を利用して、寝転がったままコロコロと転がったり。子ども達は、いろいろな遊び方を見つけます。

 
(写真左)園庭で見つけたドングリの帽子を指先にのせ、「見て見て~!」と微笑みかける園児。

 

~落ち葉や木の実を使った制作物~
 
園庭で拾い集めた、たくさんの落ち葉やドングリなどの木の実を使って園児が作った作品。
(写真右)屋根にドングリの実を使い、園児が作った“おみこし”。

 

<倉光 智奈津園長先生からお話を伺いました!>
本園はテーマに沿って行う活動だけではなく、自由遊びを通して様々な発見をしながら活動しています。朝は、天気がよければ登園した園児から外へ出て遊びます。子ども達は発想豊かで、遊びを展開しながら遊びの中で様々なことを学びます。

本園では、子ども達に対して、子どもの主体性を大事にしながら、雪でこんな遊びができるよ!と遊びを一緒に楽しんだり環境を作ったりするなどの大人の働きかけが重要と考えています。子ども達が様々な活動の中で、発見や感動に共感したり、さらに探究心や想像力、発想力など、子どもの感性を見つけながら、学びを見守ります。また、おうちの方との関わりを持つ中で、自然の中で伸び伸びとさせたいという親の思いも大切に考えています。

それから、10月には「星空保育」を行っています。星空保育では、午前中はグループ活動、夕方からは野外でカレー作りなどを体験します。この体験を通して、年齢が下の子が上の子に憧れをもち、お兄さん、お姉さん達が進んでリーダーシップをとることをねらいとする中で、異年齢との関わりを通して様々な体験をしています。

また、体を使って遊ぶことは、とても大事なことです。いろいろなことを体験しながら伸び伸びと過ごす中で、多少危ないと思ったことも子どもがどのように遊びを見つけたり、広げていくのか見守ります。私たちが子どもの頃、ケガをしながら遊んだように、自然の中での遊びを通して、知恵を使い、経験を重ねていくことで多くのことを学びます。そして、小さな枠の中にとらわれず、主体的に活動できるように、私たちがもっと仕掛けをしていきたいと考えています。


「子ども達が成長して大人になった時、園での生活や子供時代を思い出してもらえると嬉しいですね。」と話す、倉光園長先生。

 


向山の南の高台にある、向山保育園。

 

≫≫向山保育園≪≪
〒682-0913 倉吉市和田東町向山917
TEL:0858-23-0836
H P:http://yume-dondoco.com/m-hoi/index1/