h2_res.jpg

境港親と子どもの劇場

Twitter Facebook
2010/08/12

「境港親と子どもの劇場」が「わらべうたで遊ぼう」の会を開催すると聞いて、開催場所の境港市民活動センターに行ってきました。
境港市民活動センターの交流スペースにはスタッフの皆さんほか、子育て支援をされているNPOこども未来ネットワーク理事長および子己庵(ここあん)の渡部万里子さんらと共に0歳から4歳の子ども達とお母さん達が集っていました。
warabeuta1

初めは「おてぶしてぶし」で手を使って。

(さらに…)

北栄町ファミリー・サポート・センターと子育て支援センター

Twitter Facebook
2010/08/06

 北栄町の北条健康福祉センター内には子育て支援センターとファミリー・サポート・センターが設置されています。

 北栄町子育て支援センター「すこやかエンジェル」は町内に在住する未就園の乳幼児と保護者及び家族の方が一緒に遊んだり、保健師や助産師、保育士の資格を持つスタッフに子育てについて色々と相談できるところです。
 子育て支援センターのふれあい広場は平日の昼間、「すこやかルーム」(月曜~木曜・1~5歳児対象)「ひよこルーム」(金曜・0歳児対象)として開放されており、おもちゃを使って遊んだり、絵本を読んだり、夏場は水遊びをしたりしながら親睦を深めています。

 また、子育て講座を開いたり、幼稚園や保育所と交流したり、センターに来ることができない人のために家庭訪問をされたりと幅広く子育ての支援をされています。
町内に未就園児のいる家庭は約200家庭で、その中で子育て支援センターを利用される家庭はそのうちの40~50家庭くらいだそうです。

併設して本年度からファミリー・サポート・センター「きらきら」を開所しています。
hokuei1

(さらに…)

明倫小学校(倉吉市)「足が支える健康」教育

Twitter Facebook
2010/08/04

 夏休み前の7月22日、倉吉市の明倫小学校が新たな取り組みとして足の健康と靴の履き方や選び方の授業と父兄に対する講演会をされるということで、お邪魔してきました。

足と靴の関係について研究され、全国で講演などをされている金城学院大学(愛知県名古屋市)の生活環境学部、環境デザイン科の教授であり学術博士の片瀬真由美先生が講師として招かれました。

「足が支える健康」教育として午前中に1~3年生、4~6年生の2回に分けて児童生徒に子どもの足はどうなっているのか、どんな風に大きくなっていくのか、紙芝居や足の骨の模型をを使って説明をし、それを受けて児童たちは正しい靴の履き方を実際に児童たちが普段履いている靴を使って実践していました。

▼足の骨の模型で説明します。

meirin03

(さらに…)

1 49 50 51 52