h2_res.jpg

とっとり子育て隊 大西保江さん

鳥取市在住の大西保江さんは、とっとり子育て隊に登録をしています。大西さんは音楽系の学校を卒業したのち、兵庫県にある保育の専門学校の音楽教員などを経て、現在は小学校や公民館などで音楽を教える傍ら、鳥取市周辺で活動を行っている託児ボランティアグループ、「保育サポーターの会」の中心的な役割を果たしています。

今回は大西さんに子育て支援の活動内容や支援に携わるようになったきっかけなどを伺いました。

「保育の専門学校で教員をしていた頃、生徒に音楽を教えるだけでなく、実際に保育施設などに出向くことがあり、その時に保育の事についても関心をもちましたね。結婚を機に鳥取に帰ってきてからは、子育てをしながらピアノを教えたりしていました。わたしは家で仕事をしていたのですが、お勤めをされている中で仕事と家庭の両立をするために頑張っているお母さんを見てきたので、自分の子どもが大きくなった事もあり、何かお役に立てることはないかと考えていたんです。」

▼とっとり子育て隊に登録されている大西保江さん
oonishi01

そして、(財)21世紀職業財団の保育サポーター養成講座を受け、イベント時の託児ボランティアをするようになったといいます。そのうち、「もっと勉強をしたい」と思うようになり、独学で保育士資格を取得するまでに。音楽と保育という分野で活動を広げています。

また、今年1月には「保育サポーター会」を発足し、30代から70代までのメンバーで、イベント時などの託児をしています。

「私たちが子育てをしている時には、コンサートに出かけたり、美容院に行くのにも託児がなかったので、どこかで我慢をしていたように思います。子育てもストレスがたまってくるとなかなか難しいという経験もしました。時には楽しみも感じながら、ストレスも発散することができたらまた子どもと楽しく向き合えるのではないかなと思います。そんなお母さんのお手伝いができたらいいですね。」

▼公民館で子育てサークルのみなさんにオカリナ演奏をしている様子
oonishi02

 ほかにも小学校の非常勤講師や鳥取県男女協同参画審議委員、病院や老人福祉施設でのオカリナコンサートの実施など、幅広い活動をする中で、子育てに関してだけではなく、地域の色々な活動の支援にも取り組まれている大西さんですが、支援に携わるのは自然なことで、「わざわざ取り組んでいる」といった気持ちではないそうです。大西さんと一緒に活動している仲間も自身に出来る支援を楽しんでしており、とっとり子育て隊に登録している人が多いとのこと。

音楽という分野から保育に携わり広く地域に関わる支援を広げている大西さんのような活動姿勢がとっとり子育て隊を支えています。