h2_res.jpg

琴浦町ファミリー・サポートセンター

この王国リサーチや子育て王国とっとりサイト内で度々取り上げていますが、鳥取県内には23年2月現在16か所のファミリーサポートセンターがあります。

ファミリーサポートセンターは、子育ての手助けをしてほしい人(依頼会員)と、手助けをしたい人(提供会員)のネットワークを作り、地域の中で 子育てについて助け合う組織です。依頼会員になると、決められた利用料で、保育所へのお迎えや一時的な預かりなどの利用ができます。

県内の各市町村で設置が進んでいますが、そのなかの一つ、琴浦町のファミリーサポートセンターは、昨年の7月にスタートしたばかりです。

琴浦町の次世代育成支援行動計画の一環として準備を進め、町民生活課が中心となって琴浦町の釛(こがね)保育園にファミリーサポートセンターが設けられました。

ファミリーサポートセンターが設置されている釛保育園は、琴浦町内でも園舎が新しく、子育て支援センターもあるため、この場所に決定したそうです。ここにはアドバイザーの白水さんが常駐しています。

昨年度は始めたばかりということで、まず子育ての手助けをする提供会員を増やすために保育士の退職者や保育サポーターの方に声をかけたり、10月に教育委員会が開催したイベントと一緒に交流会を開催したり、地域の皆さんに知ってもらうための取り組みを中心に行ってきました。

▼交流会の様子(1) 釛保育園の山本前園長先生にお話をしてもらいました
kotourafami_01

昨年度の利用者は少なかったのですが、こうした取り組みを経て今年度はお子さんの預かりや送迎など定期的に利用する方が増えてきたそうです。そして、4月1日現在、提供会員は27名、依頼会員45名、両方会員4名で合計76名の方が登録をされるまでになりました。

ファミリーサポートセンターの白水さんと琴浦町町民生活課の山﨑さんにお話を伺いました。

「地域性もあってか、小さなお子さんの面倒を見るのは同居していたり近所に住んでいるおじいさんおばあさんに頼んでいる方が多いようです。しかし、琴浦町に移住してきた方などが利用されたり少しずつ依頼会員さんの利用が増えています。提供会員さんは長時間預かる時など子どもの為に絵本を用意したり、一緒に料理をしたりと工夫されているようで、そうした工夫が依頼会員さんからも喜ばれています。アドバイザーとしてはできる限り利用時間など柔軟な対応をしていきたいと思っています。」と白水さん。

▼交流会の様子(2) 小さなお子さんを連れたお母さんが集って下さいました。
kotourafami_02

山﨑さんは「もっと受け入れ態勢を整えたいと思っているので、提供会員を増やす取り組みをしていきたいと考えています。町報に掲載して認知度を上げたり、町としてもサポートをしていきます。」と仰っていました。

お二人は「保護者のサポートをすることで、子どもたちの笑顔につなげていきたい」と子育て支援への思いを教えて下さいました。

琴浦町ファミリーサポートセンター


〒689-2355 鳥取県東伯郡琴浦町釛500 (琴浦町立釛保育園内)
電話番号: 090-8066-5252