h2_news.jpg

※こまめな水分補給など熱中症対策に努めましょう!

<熱中症警報発令中(6月29日まで)>
6月26日(金)に、鳥取県内全域に熱中症警報が発令されました。
熱中症とは、高温の環境下で、体の水分や塩分のバランスが崩れたり、体内の調整機能がうまく働かないなどして発症する障害の総称で、重症になると命にかかわる病気です。日ごろから体力をつけて、日常生活での熱中症予防を心がけましょう。特に、暑い日中の高齢者の方々の農作業時、小児から成人の方々の運動時は、熱中症にご注意ください。

【熱中症の症状】
軽 症:たちくらみ、筋肉痛・筋肉の硬直、大量の汗をかく
中等度:頭痛、はきけ・嘔吐、体がだるい
重 症:意識がない、けいれん、体が熱い。呼びかけに対する反応がおかしい、まっすぐに歩けない

【日常生活での熱中症予防】
(1)室内を涼しくする!
(2)こまめに水分をとる!
(3)こまめに休憩をとる!
(4)日差しを避ける!
(5)家族・地域で声をかけあう!
(6)天気予報、熱中症警報に気をつける!

※小さなお子さんは、特に注意!です。
体温調整機能が十分発達していない上、身長が低い(地面が近い)ので大人が感じる以上に暑い環境にいます。顔色、汗のかき方など、お子さんの健康観察を十分行い、汗を蒸発しやすい服装選びに注意しましょう。車内はすぐに高温になりとても危険ですので、わずかな時間でもお子さんだけを車内に残さないようにしましょう。

~現場での応急処置について~
・涼しい場所への避難
・楽な姿勢をとる
・水分・塩分の補給
・医療機関へ運ぶ

▲△▲△▲△お問合せ先▲△▲△▲△
県庁健康政策課
鳥取市東町1丁目220
電話:0857-26-7227
▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲
▼▽WEBサイトはこちら▽▼
https://www.pref.tottori.lg.jp/172097.htm