とっとり子育て隊(子育て情報掲示板)

すぺーすComodo(コモド)

鳥取市の本通商店街にある「すぺーすComodo」は、鳥取市認定の子育て支援センターです。支援センターとして『子育てひろば』を併設し、カルチャー教室やコミュニティーカフェを運営しています。0歳から大人まで、地域の人の憩いの広場として「いこい」「学び」「遊び」の3つの場が提供されています。

いこいの場
子どもやお母さん同士の交流の場として開放され、子育ての悩みや困りごとなどの相談窓口もあるなど、親子で楽しいひとときを過ごすことができます。

学びの場
子育て広場と併設されたカルチャー教室で、「リトミック」「ベビーマッサージ」「ヨガ」等、専門講師によるレッスンで0歳から学びの場を提供しています。

遊びの場
子どもたちがのびのび遊べる「子育てひろば」と「イベントホール」があります。
今回は、すぺーすComodoが毎週火曜日に開催している『親子リズムあそび』にお邪魔しました!この日は乳幼児とその保護者13組の親子が参加し、ピアノや歌のリズムに合わせて親子でリズムあそびを楽しみました♪参加者の中にはお父さんの姿もあり、夫婦で参加されているご家庭もありました。

 

『親子リズムあそび』
開催日:毎週火曜日
時間:10:30~11:00すぎ
場所:すぺーすComodo
対象:1~2歳児(定員8組程度) ※予約が必要です
持ち物:タオル、水分補給のできるもの
参加費:無料

【内 容】
・ひろばのうた(歩こうね・走ろうね)
・リズム体操
・お返事「はーい」
・てあそび「かたつむり」
・楽器あそび「にんげんっていいな」
・三匹のこぶた
・おはなし

 
「ここは♪ ここは♪ みんなのひろば~♪」と歌う先生の歌声でリズムあそびが始まりました♪親子でリズムに合わせて手拍子をしながら、先生と一緒に歌います。

 
「さあ、音楽に合わせて体を動かしてみましょう!」
ミュージックスタート♪歌『さんぽ』の曲が流れて、先生の声かけでみんなが立ち上がりました。赤ちゃんはお母さんに抱っこされたり、自分で歩ける子はお母さんと手を繋いで一緒にお散歩します♪曲調がゆっくりのときは歩いたり、リズムが早くなると小走りをしました。

 
「次は、先生のまねっこをしてみてね♪」
次は先生をお手本にしながら、親子で動物の動きをまねしました。

 
(写真左)『馬』のときはグーにした両手を前に出しながらスキップ♪ “ヒヒ~ン”
(写真右)『カメ』のときは “のっそり のっそり” ハイハイしたり、ブリッジしたり♪
『馬』『クマ』『カエル』『カメ』などの動物が次々に登場し、忙しく変化する動きに一生懸命ついていきながらも、会場は賑やかな笑いと笑顔に包まれました。

 
お母さんが笑うと子どもたちも嬉しそう♪

 
物語『三匹のこぶた』のお話では、先生お手製の新聞紙で作った被り物をかぶり、子どもたちが登場する主人公のこぶたになりきってお話を聞きました。中には頭にかぶせられたものが気になってはずしてしまう子もいて、お母さんが代わりにかぶるご家庭が続出♪

 
『親子リズムあそび』は、子どもはもちろん、一緒にいるお母さんや先生たちが楽しそうでした♪アットホームな雰囲気の中、楽しいうちに終了しました!

すぺーすComodoは、イベント終了後もスペースを自由に利用することができます。この日も親子で一緒に遊具で遊んだり、お母さん同士で談笑したり、お母さん同士の交流や親子のスキンシップの時間を楽しんでいました!

 

~子ども用トイレ、ベビーシート設置で充実設備!~
 
施設内には個室の授乳室(写真右)のほかに、多目的トイレ、子ども用トイレ(写真左)が完備され、多目的トイレには立ったままおむつ替えができるベビーシートが設置されています。


「今日も親子で楽しかったです!また来ます♪」と帰り際に話されるお母さん♪

 

<ゆずちゃんのお母さんにお話しを伺いました!>
今年の2月に岡山から引っ越してきました。次の年で幼稚園探しをしようかなと思っていましたが、コロナで人と接することも少なかったので、幼稚園に入る前に人に慣れてほしいという思いもありました。このため、集団生活に入る前の予行練習を兼ねて、こうして遊べる場所を探していたところ、ネットからすぺーすComodoさんを見つけました。初めてすぺーすComodoさんに来たときは、明るく開けた感じだなあという印象を受けました。

娘もすぐに気に入って、イベントがない日でも先生と一緒にままごとをしたり、のびのびと楽しそうに遊んでいます。先生がおられることで安心して利用できるので、親子で楽しい時間が過ごせています。入園するまでは通いたいなあと思っています♪

左から、お母さんとゆずちゃん。(撮影当時:2歳)

 

<たいし君とみくちゃんのお母さんにお話しを伺いました!>
主人の転勤で4月に岡山から引っ越してきました。
少しずつ鳥取での生活にも慣れてきて、岡山でもコロナの影響でイベントが中止になったりしていたので、市役所で手続きをしたときに子育てひろばがあることをお聞きし、すぺーすComodoさんを教えていただいたのをきっかけに通うようになりました。イベントに合わせて週1、2回程来ていますが、イベントがない時でも遊びに来ています♪
すぺーすComodoさんは、子どもを遊ばせるうえで綺麗で清潔感があって、明るい雰囲気。それが来やすいポイントかなあと思います。先生たちが子どもの相手をしてくださったり、私たち親の話も聞いてくださったり、アドバイスもいただけるので親にとってもストレス発散の場所になっています。

左から、お母さんとみくちゃん(撮影当時:7カ月)と、たいし君。(撮影当時:3歳)

 

<保育士の石井先生からお話を伺いました!>
経営主体となっている『一般社団法人地域サポートネットワークとっとり』が運営するコモド保育園から、今年の4月にこちらの子育てひろばに転任しました。当法人は「すぺーすComodo」のほかにも、3つの保育施設を運営しています。

今日もたくさんの赤ちゃんが集まってくれました。今はコロナの影響もあって大々的には参加を募ってはいませんが、普段イベントにご参加いただいているのは10家庭前後です。今日は13組の参加があり、そのうち初めて参加していただいたご家庭は3組ありました。
今回のようなイベントは、すぺーすComodoのあそびの一環として開催していて、保育士と一緒に楽しくあそぶことをテーマにしています。

『小さいころから好きなように楽しむことって大事』
私は音楽が好きで、音楽を通して子どもたちやお母さん・お父さんにいろいろなことを体験してほしいと思っています。音や歌というのは乳幼児期の子どもの成長にはすごく大事なこと。その中で、お返事あそびだったり、ピアノの音や音楽にふれながらリズムに合わせて楽しく体を動かしたり、目や耳から刺激を与えてあげることで子どもの音感・感性を養います。

前で歌っているときには、お母さんや赤ちゃんの笑顔が見られるのが嬉しくて「あ~、今日もやってよかったあ!」と思います。今日も赤ちゃんとお母さんのたくさんの笑顔が見られて嬉しく思いました。すぺーすComodoに遊びに来てくださるお母さんたちはすごく協力的で、お母さんたちにかけあいをお願いするとすぐ一緒にやってくださるので私もイベントの企画を考えるのが毎回楽しくなります。すぺーすComodoは、職員の協力体制も整っていて、職員も子どもたちとのふれあいを楽しんでいます。

始めの一歩を踏み出したお母さんたちは、“次も♪また次も♪” と通ってくださっています。
いつでもお待ちしていますので、一緒に楽しい時間を過ごしましょう!


「私自身が楽しんでいます♪」と話す、石井先生。


すぺーすComodoの外観。

 

≫≫すぺーすComodo(コモド)≪≪
〒680-0831 鳥取県鳥取市栄町401
TEL:0857-29-6101 FAX:0857-50-0324
HP:https://www.comodo-suku2.com/space_comodo.html

※イベントは、新型コロナ感染予防対策を行い開催します。

【活動日時】月曜日~金曜日 9:30~15:30
〇会費は無料です。