h2_kosodatetai.jpg

福部未来学園幼稚園

緑の山に囲まれ、豊かな自然環境に恵まれた鳥取市にある福部未来学園。平成30年4月に福部未来学園小学校・中学校が統合して福部未来学園義務教育学校になり、幼稚園(5歳児)から義務教育学校(1年~9年)の幼小中教育を10年一貫して行う鳥取県初の施設一体型のコミュニティ・スクールとして開校しました。初等・中等・高等の3つのブロックに分かれて特色のある創造性豊かな教育課程を編成し、子どもたちの成長に合った教育を行っています。地域と連携しながら、集団生活や地域との交流の中で人と関わる楽しさや喜びを育み、子どもの主体性や自立心を育成しています。

~福部未来学園「学園憲章」~
〇わたしたちは、人として正しい行動をします。
〇わたしたちは、将来に向けて勉強・運動に励みます。
〇わたしたちは、思い合う心で、人々との絆を結びます。
〇わたしたちは、福部に誇りをもち、福部の未来を創ります。

 

<特色ある教育課程>
・初等(さくら組・1年・2年)  ~学びの土台づくり~
・中等(3年・4年・5年)    ~学びの定着・拡充~
・高等(6年・7年・8年・9年)~学びの深化・発展~

 

今回は、幼稚園(5歳児)さくら組の活動の様子をご紹介します!
 
(写真左)幼稚園教育と義務教育を施設一体校舎で一貫して行う、福部未来学園。
(写真右)明るい光が差し込む、さくら組の教室。

 

~1月誕生会&新年こども会が開かれました♪~
始めに「誕生会」が開かれて、誕生月の園児2名をみんなでお祝いしました♪
 
お祝いする側の園児たちから誕生月の園児へ質問タイム♪
「どんな色が好きですか?」の質問に、「青色です。」と答えたり、「今日はどんな気分ですか?」の質問には、「うれしい気分です。」と、少し照れた様子で答えたりする姿が見られました。

 
(写真左)続いてはプレゼントタイム♪さくら組担任の森田先生(右)から、誕生日のお祝いにバルーンアートがプレゼントされました!バルーンアートは、毎月開かれる誕生会では恒例のサプライズとのことで、誕生月の園児が好きな風船の色を選んで、先生が即興で様々な形のバルーンアートを作ってくださるそうです。

 
誕生のお祝いに手作りの王冠をかぶせてもらった園児は、今日の主役♪目の前には粘土で作られたカラフルでポップな可愛らしいケーキが登場しました!


電気を暗くしてケーキのろうそくに火をつけたら、スタンバイOK!2人の園児が火を吹き消した瞬間、周りの園児や先生たちから「おたんじょうびおめでとうー!!」と、祝福されていました。園児によるピアノの生演奏に合わせた歌のプレゼントや、おうちの方からのお祝いのメッセージを先生が読み上げるサプライズもありました♪

―新年こども会(正月遊び)―
今回は園で毎年開かれている新年こども会も開催されました!子どもたちはコマ回し、けん玉などの正月遊びを楽しみ、日頃の練習の成果を披露しました。
 
「さあ、今日は練習してきた技をみんなの前で発表したいと思います!」と、先生の始まりのあいさつで新年会がスタート!「これから〇〇を披露します!」と、園児はこれまでの練習の成果をグループごとに元気よく発表しました。表情は、真剣!

 
けん玉(左)とコマ回し(右)を披露する園児たち。

 
(写真右)披露の途中、スペシャルゲストとして教務主任の清水先生(中央)が登場して、けん玉を披露。園児たちは、清水先生の何度もチャレンジしようとする姿やけん玉を持つ手元を覗き込むように見入っていました。
「先生も最初はできなかったけれど、出来るようになりました。最後まであきらめずに何回もチャレンジしてみてください!」と、園児たちに声をかける清水先生。

 
こちらは、あやとりを披露♪「できました♪」と、技が決まるごとに観覧席から沸き起こる拍手や歓声。一回のチャレンジで成功する園児もいれば、失敗しても成功するまで何度もあきらめずにチャレンジする園児の姿も見られました。

 
何度もチャレンジする園児の姿に観覧席からは、「がんばれ~!!」と、可愛らしい声援が送られ、たくさんの拍手の中、技の披露が終わりました。

 
この日は特別に誕生会を開いた同じ会場の多目的スペースで給食をいただき、終始笑いの絶えない楽しい会になり、子どもたちの楽しそうな表情がたくさん見られました!

 

<坂本副園長先生にお話を伺いました!>
「健やかで思いやりがあり、志をもつ子の育成」を学園の教育目標とし、幼稚園(5歳児のみ)~9年生までが同じ校舎で生活をしています。幼稚園は保育園とのつながりや連携を大切にしながら、学園では初等ブロック(幼稚園~2年生)を中心とした交流活動・10学年の縦割り班活動など義務教育への接続を意識した保育・教育に取り組んでいます。

一年を通してコマ回しやけん玉遊び等の伝承あそびにも力を入れ、継続して取り組むことで、あきらめない力や、粘り強く頑張ろうとする力も育まれるよう、遊びの工夫をしているところです。子ども達は、成功や失敗を繰り返し、その度に大きな達成感を味わいながら、すぐにまた次の目標をもち、友だちと一緒に挑戦したり遊びを広げたりと楽しんでいます。このことは、義務教育学校での学びにもつながっていく大切な経験であることから、学園内での職員の連携・情報共有も、日々大切に行っているところです。

10年一貫校という本園の特徴から、幼児期で経験した「遊びを通しての学び」の力を、無理なく1年生以降での学校の学びにつなげていけるよう今後も取り組んでいきたいと思っています。


「日々、子どもたちから学ばせてもらったり、気付かせてもらったりすることがたくさんあります。最後までやり抜くあきらめない心、自由で楽しい発想力、素直な心など伸ばしてあげたい。」と話す、坂本副園長先生(中央)。

 

≫≫福部未来学園幼稚園(幼稚園・義務教育学校)≪≪
鳥取市福部町高江188番地
電話:0857-75-2146 FAX:0857-74-3741
HP: https://cmsweb2.torikyo.ed.jp/fukubemirai/?page_id=13