h2_res.jpg

幼稚園

認定こども園 かいけ心正こども園

Twitter Facebook

今回は、認定こども園 かいけ心正こども園(以下、「かいけ心正こども園」)にお邪魔しました!5月現在で311名の園児が通うかいけ心正こども園は、平成23年4月より認可保育所「かいけすまいる保育園」を併設し、鳥取県西部地区初となる幼保連携型認定こども園の認可を受け、幼保一体化施設として新たにスタートしました。平成27年4月からは、「かいけ心正こども園」に改名し、0歳から就学前までの子ども達へのつながりのある保育を心がけながら、園開放や未就園児親子教室の開催、学童保育を行っています。

続きを読む

遊びの学校 びさい幼稚園

Twitter Facebook

遊びの学校 びさい幼稚園
~びさいようちえんは、遊びの学校です~

幼稚園では勉強はしません。でも、勉強の基礎を育みます。遊びは自発的で楽しい学びです。
いろんな体験が生涯を生きていく土台を築きます。

bisai1_R bisai1-1_R

今回の王国リサーチは境港市にある、遊びの学校 びさい幼稚園にお邪魔しました。初代園長の西元龍拳氏は、浄土真宗のお寺が無かったこの土地に私費を投じてお寺を建て、それと並び同じ敷地内に幼稚園を始められました。今年でびさい幼稚園が誕生して86年になります。

続きを読む

学校法人あけぼの幼稚園(認定こども園)

Twitter Facebook

学校法人あけぼの幼稚園(認定こども園)

今回の王国リサーチは、米子市にある学校法人 あけぼの幼稚園にお邪魔しました。
あけぼの幼稚園は平成25年4月に“認定こども園”として生まれ変わり、低年齢児用保育施設を併設するなど0歳からの園児の受け入れも行われています。

akebono1

あけぼの幼稚園では園児たち一人ひとりの個性や可能性を多角的な面からひきだす為に、自分で考え、学ぶのに最適な環境づくりを目指し、「造形、音楽、情操、食育」教育を柱に子ども達の心を豊かに育む「創造教育」に取り組まれています。

続きを読む

大誠こども園 

Twitter Facebook

北栄町の認定こども園をご紹介してきましたが、今回は3つのうちの最後となります、「大誠こども園」(たいせいこどもえん)をご紹介します。

青空の下、広い大地の中にある北栄町認定こども園「大誠(たいせい)こども園」。緑色の芝生が、園庭一面に広がっています。園舎は横長の建物で、高い天井とその窓から日差しが入り、とても過ごしやすい印象です。園舎を見学させて頂きましたが、空間に自由な気風を感じる玄関に立つだけでも、風通しのよい園づくりへの姿勢が感じられます。

IMG_6884

▲広い玄関では、運動会で舞っている「獅子舞いの獅子」も、こんなに悠々と!

IMG_6879

▲芝生の広がる園庭には、ブランコや砂場なども。

続きを読む

由良こども園

Twitter Facebook

北栄町の3つのこども園がありますが、前回に引き続き、今回は『由良こども園』を訪ねました。

横長の園舎の屋根には太陽光パネルが設置されています。園庭には緑の芝も広がっており、思わず大人も走り回りたくなるような広さです。
園児にとっては、とても広くて冒険したくなるような園庭ですね、という感想に「この園庭をみられた方はみなさんとても驚かれます。広々としているだけではなく、花壇や畑、ウサギ小屋なども設置してあります。ワクワクしながら冒険したくなるような、そして子どもたちの創造力を育むことが出来るような場所「わくわくの森」に、保護者の皆さんが綱渡りなどを一生懸命作ってくださいました。」熱心に語って下さる園長先生からもまた、その楽しさが伝わってきました。

6877

▲大きな太陽光パネル。子どもたちのためにも、
沢山の太陽エネルギーを作り出しているのでしょう。

続きを読む

北栄町・認定こども園

Twitter Facebook

北栄町には3つの認定こども園があります。
平成20年度より、幼保一元化へ向けて検討が進められ、平成24年度に北条・大誠・由良の3つの認定こども園が開園されました。
それぞれ、子育て支援センターも隣接しており、子育て相談や地域との連携などに取り組み、未就園の乳幼児と保護者及び家族の交流の場となっています。
北栄町では未就園から小学校までのこどもの育ちを滑らかにつなげていくような保育・教育に取り組んでいます。

今回は、北条こども園・北条子育て支援センターを訪問しました。
北条こども園は、小学校に隣接しています。園の部屋のそれぞれには広いテラスがあり、そこから小学生に手を振り、移動中の廊下から、それに応えるように手を振る小学生たち。どちらにも、笑顔がこぼれている様子をみかけました。
園長先生は、「子ども園での育ちを学びにつなげていきたいです。小学校と隣接しているよさを生かして計画的に交流を進めています。また、保護者同士の繋がりや地域の人々との交流も大切にしていきたいです。」「周囲3キロメートルの茶臼山へ出かけて、豊かな体験をさせたいです。」と、地域を拠点とした取り組みの一端を話されました。

20120619_01

▲小学校と隣接していて、テラスや芝生で遊ぶ園児たちと
校舎の廊下を歩く生徒が手を振りあう、微笑ましい風景でした。

続きを読む

親子支援hug☆hug 森のようちえん

Twitter Facebook

親子支援hug☆hugは森や自然の力を借りて親や子どもを支援する活動をしています。今回は、現在週に2回開催されている「森のようちえん」に伺ってきました。

森のようちえんは伯耆町丸山にあるふれあいの森キャンプ場を主な活動場所としています。子どもたちはほとんどが米子市から通っています。

この日はクッキングの日。朝の会をしてからみんなでシチューに入れる材料を切って鍋に入れたり、

hughug01

道具を洗ったり、かまどを作って火をおこしたり。

続きを読む

定こども園 鳥取短期大学附属幼稚園 鳥取短期大学附属保育園

Twitter Facebook

昨年は兵庫県新温泉町の浜坂認定こども園をとりあげましたが、認定こども園とは、就学前の教育、保育ニーズに応えようと、幼稚園と保育所の良いところを生かし、両方の役割を果たすことができるようにとの観点から、「就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律」が制定され、平成18年10月から施行されたのに伴ってスタートした施設の事をいいます。

幼児教育と保育を共通の施設で行い、「幼保連携型」「幼稚園型」「保育所型」「地方裁量型」といったタイプがありますが、幼稚園と保育所のそれぞれの良いところを活かしながら両方の役割を果たせるということで、就学前の教育や保育を一体化して提供できるとして注目されています。

鳥取県では昨年度までは認定こども園がありませんでしたが、4月1日より新たに認定こども園 さくら幼稚園・さくら保育園、認定こども園 かいけ幼稚園・かいけすまいる保育園、認定こども園 鳥取短期大学附属幼稚園・鳥取短期大学附属保育園(以下鳥取短期大学付属幼稚園・保育園と表記します。)の3園が認定されました。

今回はその中の一つである鳥取短期大学附属幼稚園・保育園を取り上げます。

▼鳥取短期大学附属幼稚園・保育園の外観
toritan01

続きを読む

智頭町 森のようちえん まるたんぼう

Twitter Facebook

智頭町には、森の中で活動する「智頭町森のようちえん まるたんぼう」があります。

まるたんぼうでは、朝集合場所に集合をしたら町内の自然のフィールドに出かけていきます。そこで子どもたちは自然の中で自由に遊び、活動の中で元気な体や心を育てています。

毎日、晴れの日も、雨の日も、雪の日も森に出かけていき、泥んこになって遊ぶことで、自然を知ることができるし、体も強くなるといいます。また、自然の中でものづくりをしたり、野菜を作ったり、お昼御飯を作ったり、といったプログラムの中で、ただ遊ぶだけではない自然との関わりを身につけていきます。

この日は智頭町の浅見地区にある「出会いの広場」に出かけて行きました。

▼朝の会では歌を歌ったり一人ずつ返事をしたりとにぎやかです
marutanbou01

続きを読む

兵庫県新温泉町立 浜坂認定こども園

Twitter Facebook

 鳥取県にはまだ認定こども園がありませんが(2010年11月現在)、お隣りの県、兵庫県には31の認定こども園があります。(2010年4月1日現在)

認定こども園とは就学前の教育、保育ニーズに応えようと、幼稚園と保育所の良いところを生かし、両方の役割を果たすことができるようにとの観点から、「就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律」が制定され、平成18年10月から施行されたのに伴ってスタートした施設です。

幼児教育と保育を同じ施設で提供するのですが、認定こども園には「幼保連携型」「幼稚園型」「保育所型」「地方裁量型」とタイプがあります。また、地域における子育て支援も提供します。
※認定こども園についての詳しい情報は幼保連携推進室、または鳥取県子育て王国推進局のホームページをご覧ください。

来年度から皆さんの周りでも認定こども園が徐々に増えていくということもあり、ひと足早く取り組みをされている兵庫県新温泉町の浜坂認定こども園を訪問してきました。

▼浜坂保育所の園舎を引き続き使用しています
hamasaka03-thumb-400x300-147

続きを読む