h2_res.jpg

絵本と食育「はらぺこあおむし」

絵本と食育「はらぺこあおむし」は、県中部を中心に活動する『絵本』・『食』・『音楽』を取り入れた、お話サークルです。平成21年7月に結成し、メンバーは読み聞かせボランティアで活躍中の管理栄養士を中心に構成され、主に地域子育て支援センター、保育施設、児童館、老人福祉施設のほか、県中部にある「なしっこ館」では食育イベントを開いたりして、様々な場所で活動しています。
身近な絵本を使い、絵本の読み聞かせを中心にしながら、絵本に出てくる実際の食べ物を使った体験型の食育を行うなど、食について考えるきっかけづくりや、県中部の恵まれた自然環境における食べ物のありがたさを次世代の子ども達に伝えています。

 

~七夕パーティー「おいしいおはなし会」~
この日は、倉吉市上井児童文化センターを会場に、いちにのさんさんクラブ(0才~2才の異年齢クラス)と合同で七夕パーティー「おいしいおはなし会」が開かれました!赤ちゃんから2才までの子どもとお母さん、20組の親子の参加があり、前半はセンターが主催する七夕かざりづくり、後半は、「はらぺこあおむし」による童謡、絵本の読み聞かせのほか、七夕にちなんだメニューでお食事タイムが開かれました。

【前半】七夕かざりづくり
 
センターから一人ずつに笹が用意され、短冊を書いたり、飾り付けをしたり、親子で一緒に七夕の飾りづくりを楽しんでいました。

 

【後半】「はらぺこあおむし」による童謡、絵本の読み聞かせ、食育♪
続いては、お話サークル絵本と食育「はらぺこあおむし」の登場です!ピアノの生演奏に合わせて絵本の読み聞かせが始まりました♪
 
使われる絵本は、『はらぺこあおむし』。大きな絵本を前に大人も子どもも注目~!!

 
物語の主人公“あおむし”。みどり色の生地で作られた“あおむし”の人形が登場すると、子ども達は人形や絵本に近づいたり、興味深々の様子でした。

 
続いては、絵本に登場するペンギンの仕草に合わせて、「ペンギン体操」。衣笠さんのお手本を真似ながら首を伸ばしたり、腕を上げたり、足を上げたり♪親子で一緒に体を動かしました!

 
(写真左)おなかと頭をぴったんこ!大きくジャンプ~!!「子ども達できるかな~?」
(写真右)音楽に合わせ、親子で一緒に両手をパンパン♪

 
最後は、代表の衣笠さんから「たなばたものがたり」についてのお話がありました。「昔から中国の言い伝えがある七夕のお話。」と、語りかけるような口調で話す衣笠さんの声に、お母さん達は聞き入るように耳を傾けていました。

 
配られた歌詞を見ながら、親子で「キラキラ星」や「ふるさと」を合唱♪

~食育~
本日のメニューは七夕の行事食♪
 
・五色そうめん(トッピング:きゅうり、おくら、星型にんじん、コーン、焼野菜(かぼちゃ、ナス、ピーマン))
・フルーツゼリー(バナナ、キウイ、みかん、さくらんぼ)

 
切り口が星型のオクラや星型にくり抜いたニンジンがテーブルに並びます。準備されたそうめんの上に、自由に具材をトッピング♪

 
おいしく盛り付けができたら、いただきますのごあいさつ。「いただきまあ~す!」
和やかな雰囲気の中、楽しいうちに会は終了しました!


この日は、倉吉市立図書館から出前図書館もやってきました!絵本の貸出しができ、参加したお母さんはじっくりと絵本を選んでいました。

 

<ゆなちゃんのお母さんにお話を伺いました!>
普段、センターで開かれるイベントは年齢ごとにわかれていますが、今回は合同企画だったので、会う機会がないお母さんとも一緒になったりして、楽しい時間を過ごすことができました。月に1、2回開催される公民館行事も楽しく参加させてもらっています。
今回開かれた「はらぺこあおむし」さんのイベントもリズムのって体を動かしたり、歌ったり、親子で楽しめました!また、次回も参加したいです。

撮影当時:0才8ヶ月

 

<えなちゃんのお母さんにお話を伺いました!>
「はらぺこあおむし」さんのイベントは、絵本を使ったお話やピアノの生演奏があり、親子で楽しめました!「はらぺこあおむし」さんならではの取り組みで、食育が一緒になったイベントはめずらしく、小さな子を持つ親としても、楽しいうえに食育も勉強になるので、参加したいイベントの一つです。改めて食の大切さを感じることができ、とても良い機会になりました。また、子どもと一緒に参加したいと思います。

撮影当時:2才4ヶ月

 


全員で集合写真♪

 

~絵本と食育「はらぺこあおむし」の今回の3人のメンバー~
 
この日の「はらぺこあおむし」のメンバーは、代表の衣笠さん(写真左/左)、荒金さん(写真右)、長田さん(写真左/右)の3人。「絵本の「はらぺこあおむし」は、赤ちゃんやお母さんから笑顔が見られる絵本!」と話す、衣笠さん。

 

<「はらぺこあおむし」代表の衣笠さんにお話を伺いました!>
「はらぺこあおむし」は、県中部を中心に活動する『絵本』・『食』・『音楽』を取り入れた、お話サークルで、読み聞かせボランティアをしている管理栄養士を中心に構成されたメンバーで活動しています。今回は3人で活動を行いましたが、現在、「はらぺこあおむし」のメンバーは、ご協力いただいている方を含め21名が在籍しています。

今日は、七夕の時期によく食べられている“そうめん”をメニューに取り入れました。暑い時期は水気の多い食べ物を摂ってほしいので、夏野菜を使い、そうめんの上に自由にトッピングしていただけるよう、7種類の具材を準備しました。絵本に出てくる実際の食べ物を使って、簡単な調理や盛り付けをしていただきながら、食べることについて考えるきっかけづくりや苦手な野菜も「食べてみたいなあ」と思わせるような工夫をしています。

何より、お母さん達の笑顔、子ども達の楽しそうな表情を見ると、この取り組みにやりがいを感じます。遊びを通して、楽しく『食』について理解していただけたらと思っています。

 

≫≫絵本と食育「はらぺこあおむし」≪≪
活動拠点:鳥取県倉吉市
メール:kinuyou70@gmail.com
HP:http://blog.zige.jp/harapekoaomushi/