h2_kosodatetai.jpg

kosodatetai_title_month.png

西倉吉保育園 (とっとり自然保育認証園)

Twitter Facebook
2019/04/17

鳥取県では、豊かな自然を活用し、自然体験活動を行う保育所、幼稚園等の施設を認証する
「とっとり自然保育認証制度」を平成29年3月31日に創設しました。
今回は、この自然保育認証制度に認証された保育施設をご紹介します!

(とっとり自然保育認証制度について、詳しくはhttp://www.pref.tottori.lg.jp/267067.htm をご覧ください。)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

西倉吉保育園は、昭和41年に開設して今年で創立54年目を迎えます。広い園庭は木々に囲まれ、園舎の周辺には野原や田園風景が広がっていて、豊かな自然環境に恵まれています。晴れた日には散歩に出かけ、春はバッタやテントウムシなどの昆虫を見つけたり、秋にはドングリなどの木の実を探しています。子ども達は四季折々の自然の中で、その季節に採れる花や植物、生き物との出会いによって四季を感じています。

園の保育方針として『あかるく のびのび たくましく』を掲げ、日々の生活の中で規則正しい生活習慣を身につけていきながら、遊びを中心とした幾多の経験の中で健康な身体を培い、幼児期にふさわしい生活や遊びを通してのびのびと遊びきる子どもを育てます。

<西倉吉保育園の目指す子ども像>
・健康な身体で意欲的に遊ぶ子ども
・豊かな心を持ち、考えて行動する子ども
・自分の思いを出し、友だちの思いも大切にできる子ども
・きまりを守り、自分のことを自分でできる子ども
・すべての人や物事に感謝する子ども
・すべての「いのち」を大切にする子ども

 

~園庭で、のびのびと遊ぼう~
 
寒い季節でも、晴れた日は暖かい格好をして外で元気よく遊んでいます。
園庭に響く、子ども達の楽しそうな声。

 
園庭で走り回ったり、遊具で遊んでいる子ども達。園庭には、ブランコや砂場、ジャングルジムなどの遊具が設置されています。
(写真左)「先生、見て~!」と、先生(左)に手を振る園児(右)。

 
すべり台は、ローラーのあるもの・ないものの2種類のタイプがあり、どちらも子ども達の好きな遊具の一つです。元気いっぱい、夢中になって遊ぶ子ども達の姿が見られました!

 

~親子でロボ木ーをつくって遊ぼう!「ロボ木ー教室」~
この日は、さくら組(年長)の親子会として「ロボ木ー教室」が開かれました!講師に森のきこりんのメンバーと有志の方をお招きして、親子で製作を楽しむ様子をご紹介します!

<「木育」か・き・く・け・こ>
か =環境を守る「木育」
き =木の文化を伝える「木育」
く ­=暮らしに木を取り入れる「木育」
け =経済を活性化させる「木育」
こ =子どもの心を豊かにする「木育」

はじめに、森のきこりん代表の木山さんから、自然のことや木についてのお話を伺いました。
 
(写真左)「ロボ木ーは“ひのき”という木でできているんだよ。」
(写真右)「木のいい香りがする~!」

さあ、みんなでロボ木ーをつくろう!
 
講師の方にも手伝っていただきながら、ロボ木ー専用のキットを使って製作を始めました。親子で会話をしながら、楽しそうな様子。

 
「さて、ロボ木ーを組み立てていきましょう!」まず、設計図の上にパーツを置いていき、木槌でトントンと組み立てていきます。

ロボ木―を組み立てたら・・・
 
ロボ木―を組み立てたら、布・毛糸・ボタンなどを使って、まゆ毛・目・口をつけます。髪の毛と服をつけたら出来上がりです。親子で試行錯誤しながら一生懸命作ったロボ木ーが完成しました!

 
一体一体がユニークで、どれも個性あふれる可愛らしいロボ木ーたち。完成すると、友達と見せ合う姿が見られました!


みんなで記念撮影♪出来上がったロボ木ーは、これから家族の一員になります。

【ロボ木ー教室の本来の目的とは?】
ロボ木ー教室の本来の目的は、地球温暖化防止のお話です。木が森で大きく育つ過程における光合成の結果、CO2(二酸化炭素)を大気中から吸収し、O(酸素)を大気中に放出して空気を清浄化する。さらに、吸収したCO2の炭素(C)は木材として炭素固定する。木材として炭素固定した材料でロボ木ーは作られている。木がCO2を閉じ込めて、地球を温暖化から守っているのです。ロボ木ー教室では、ロボ木ーの製作を通して子ども達に木の大切さを伝えています。

 

 
(写真左)玄関前では、等身大ロボ木ーがお出迎え。
(写真右)出来上がったロボ木ーたちは、玄関に飾られました!

 

<伊藤園長先生にお話を伺いました!>
今年で3年目を迎えるロボ木ー教室では、毎年親子で作ることを楽しんでいます。一年前には絵本でも登場する“チャーリー博士”こと島根大学の山下先生が来園され、ロボ木ー教室の本来の目的である地球温暖化防止のお話をしていただきましたが、いつも絵本や紙芝居で見ていたチャーリー博士とロボ木ーが遊びに来園されたことに、子ども達も大喜びでした。園では、『ロボ木ー』にちなんだ歌や絵本を使ったり、ロボ木ーの製作を通して、子ども達に木を大事にすることを伝えています。

そのほかにも、本園では豊かな自然に囲まれた環境を活かして田畑周辺の探索をしながら生き物や野花を探したり、地域の人と一緒に野菜や花を植えたりして交流を深めたり、地域の人や身近な自然にふれることを大事にしながら、地域の自然環境に興味・関心が持てるような取り組みを行っています。お家の人や地域の人たちが保育に参加する機会を広げながら、子どもの成長を見守り、共に子育てをしています。

何事にも意欲的に取り組む子ども達の姿は、いつも輝いています。のびのびとした環境の中で、夢中で遊び、経験を重ねながら、子ども達は集団生活を通して、元気にたくましく過ごしています。


「たくましい子に育ってほしい」と話す、伊藤園長先生。

 


みどりの自然に囲まれた、西倉吉保育園。

 

≫≫西倉吉保育園≪≪
倉吉市西倉吉町2-23
TEL 0858-28-2228

HP:http://www.minorifukusikai.com/

1 2 3 4 74