h2_kosodatetai.jpg

東部

とうごう保育園(とっとり自然保育認証園)

Twitter Facebook

鳥取県では、豊かな自然を活用し、自然体験活動を行う保育所、幼稚園等の施設を認証する
「とっとり自然保育認証制度」を平成29年3月31日に創設しました。
今回は、この自然保育認証制度に認証された保育施設をご紹介します!

(とっとり自然保育認証制度について、詳しくはhttp://www.pref.tottori.lg.jp/267067.htm をご覧ください。)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

山、川、田畑に囲まれ、豊かな自然環境に恵まれた、とうごう保育園。地域の自然にでかけ、虫や草花を探したり、鳥の声を聞いたり、季節を感じながら遊びを楽しむ「てくてく週間」を活動に取り入れ、四季折々の自然に触れながら、子ども達は実体験で豊かな感性を培っています。

また、とうごう保育園は鳥取福祉会が運営する10園の中の一つとして、安全安心で豊かな環境と遊びや学びをバランスよく構成し、鳥取福祉会の施設間で交流・連携しています。園では、年少からは3・4・5歳児の混合クラスを実施しており、子ども達が人との関わりや様々な実体験を通して、知的好奇心や人への信頼感を高めながら、行動できるコミュニケーション能力を身につけられるような保育を展開しています。

続きを読む

鳥取ルーテル幼稚園(とっとり自然保育認証園)

Twitter Facebook

鳥取県では、豊かな自然を活用し、自然体験活動を行う保育所、幼稚園等の施設を認証する
「とっとり自然保育認証制度」を平成29年3月31日に創設しました。
今回は、この自然保育認証制度に認証された保育施設をご紹介します!

(とっとり自然保育認証制度について、詳しくはhttp://www.pref.tottori.lg.jp/267067.htm をご覧ください。)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

鳥取ルーテル幼稚園は、県東部にあるキリスト教の情操を基盤とする教育を行っている幼稚園です。子どもたち一人ひとりが与えられた命を大切にし、生きる喜びを感じながら、その子らしく成長することを願っています。園では子どもたちの発達特性や興味関心を読み取り、子どもたちの豊かな発想に学びながら、子どもたちと一緒に遊びや生活を作り上げていくことを大切にしています。

園庭には小さな大自然が広がっています。川のせせらぎとともに小川が流れ、緑の木々に囲まれた園庭は、自然の中のテーマパーク。ビオトープ化した園内は自然と一体となり、子どもたちは四季折々の変化を感じつつ、園庭で様々な遊びを展開しています。

続きを読む

わんぱくクラブ

Twitter Facebook

わんぱくクラブは、鳥取市の湖山西地区公民館を利用して、毎週金曜日に活動している育児サークルです。親が主体となり、リーダーを中心に親子で楽しめる行事やイベントを運営しています。絵本の読み聞かせや手遊びのほか、お楽しみ会としては、誕生会やクリスマス会、ママカフェの日、身体を元気いっぱい動かす体操「キッズビクス」など、多彩に行事を盛り込み、親子で楽しみながら活動しています。また、近くの公園に遊びに行く遠足の日や、ゆっくり屋内で過ごす日もあります。
活動の空き時間にはお母さん同士が会話を楽しんだり、お互いの子育てのことなどを相談し合ったりするなど、情報交換の場になっています。
続きを読む

白兎保育園(とっとり自然保育認証園)

Twitter Facebook

鳥取県では、豊かな自然を活用し、自然体験活動を行う保育所、幼稚園等の施設を認証する
「とっとり自然保育認証制度」を平成29年3月31日に創設しました。
今回は、この自然保育認証制度に認証された保育施設をご紹介します!

(とっとり自然保育認証制度について、詳しくはhttp://www.pref.tottori.lg.jp/267067.htm をご覧ください。)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

白兎保育園は、園舎の周辺にいくつもの公園と、向山(むこうやま)、日本海があり、多くの自然環境に恵まれています。山登りや田畑周辺の探索等の自然体験や地域の方との交流をしながら地域の自然環境に興味・関心が持てるような取り組みを行っています。
園舎内は随所に木のぬくもりを取り入れ、温かな雰囲気の中で子どもたちが充実した養護と教育が受けられる環境が整っています。

また、地域とのつながりも深く、園外保育では公園や道端で出会う地域の方とあいさつを交わし、地域の方に畑を借り、指導を受けながら一緒にサツマイモの苗植えから芋ほりをするなど、ふれあいを楽しみ、地域と連携しながら地域全体で子どもたちの成長を見守っています。

続きを読む

鳥取大学附属幼稚園(とっとり自然保育認証園)

Twitter Facebook

鳥取県では、豊かな自然を活用し、自然体験活動を行う保育所、幼稚園等の施設を認証する
「とっとり自然保育認証制度」を平成29年3月31日に創設しました。
今回は、この自然保育認証制度に認証された保育施設をご紹介します!

(とっとり自然保育認証制度について、詳しくはhttp://www.pref.tottori.lg.jp/267067.htm をご覧ください。)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

幼児教育は、生涯にわたる人格形成の基礎を培う大切な教育として位置づけられ、小学校以降の生活や学習の基盤となる生きる力の基礎を育成します。

鳥取大学附属幼稚園では、その理念に基づき、子どもたちが自分の願いや期待をもって遊びに取り組めるような環境づくり、また、個に応じた援助をしながら保育をしています。子ども、保護者、保育者が互いにつながり合い、高め合うことができる幼稚園をめざし、平成29年度は、3歳から5歳までの計76名の園児が通っています。

続きを読む

わかば台保育園(とっとり自然保育認証園)

Twitter Facebook

鳥取県では、豊かな自然を活用し、自然体験活動を行う保育所、幼稚園等の施設を認証する
「とっとり自然保育認証制度」を平成29年3月31日に創設しました。
今回は、この自然保育認証制度に認証された保育施設をご紹介します!

(とっとり自然保育認証制度について、詳しくはhttp://www.pref.tottori.lg.jp/267067.htm をご覧ください。)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

わかば台保育園では“遊びきる子ども”をテーマに、日々の生活の中で規則正しい生活習慣を確立しながら、遊びを通した幾多の経験の中で健康な身体を培っています。

園舎の近くには山や野原があり、豊かな自然環境に恵まれています。園児は普段の生活の中で自然とのふれあいや飼育栽培活動など、実体験、感動体験を通じて、生命の尊さや労働の大切さを知り、そして、絵本やごっこ遊びではイメージをふくらませ、表現しながら遊びを楽しんでいます。また、友だちや様々な人との関わりを通して、自分の思いを主張したり、相手の思いを受け入れたりする中で、認め合い、支え合うことを学びます。園では、お家の人や地域の人たちが保育に参加する機会を広げながら、共に子育てをしています。

続きを読む

愛真幼稚園(あいしんようちえん)

Twitter Facebook

~いっぱいあそんでおおきくなあれ!~

2017年(平成29年)4月で創立111周年を迎えた愛真幼稚園は、一世紀にわたりキリスト教主義の保育を実践しています。意欲をもって、主体的に生活を創造していく意欲的活動として「あそびの保育」を通し、生命力、生活力にあふれた元気いっぱいの子ども、感謝をもって生きる子どもをめざしています。

続きを読む

産後ケア やわらかい風

Twitter Facebook

~赤ちゃんとお母さんにやさしく寄り添う~

県東部にある産後ケア「やわらかい風」は、出産後のお母さんと赤ちゃんをサポートする施設として平成28年8月に開院し、産後のお母さんが身体と心をゆっくり休められるよう、一人ひとりにあったケアを提供しています。

やわらかい風では、赤ちゃんの一時預かりや母子が一緒に宿泊するショートステイのほか、育児相談や乳房ケアなど個別に対応し、お母さん達の不安解消や負担の軽減につながるように寄り添いながら、優しくサポートしています。


母子ショートステイでは、赤ちゃんのお世話や母乳育児のアドバイスを受けながら、安心して過ごせます。また、夕食は手づくりのご飯をゆっくりと食べることができます。

<ケアメニュー>
・概ね生後6ヶ月未満の赤ちゃんとお母さんが対象です。
・乳房ケア・赤ちゃんのお風呂の入れ方・ベビーの体重チェックなど。
・お母さんのリフレッシュのための「赤ちゃんの一時預かり」と「母子ショートステイ」。
・ご希望の方には臨床心理士(女性)のカウンセリングも受けられます。
※完全予約制です。

 
(写真左)1階の和室では、赤ちゃんの一時預かりや体重測定をします。
(写真右)2階にも和室があり、静かな環境でゆっくり休養できます。


外の光りがいっぱいに差し込む、1階のリビングルーム。お母さんは、ここでお茶をしながら助産師のかたとお話したり、ゆっくりとした時間を過ごします。

 
その間、赤ちゃんは起きていたり、ぐっすりお昼寝したり♪

~毎月第4木曜日に開店「くるみ食堂」~
やわらかい風が主催する「くるみ食堂」では、赤ちゃんや小さなお子さま連れのかたもゆっくり食事ができます。また、子育て中のかただけでなく、老若男女どなたでも歓迎です。“一人で食べるよりも、みんなで食べたらおいしい。”
くるみ食堂は、子育て中のお母さん同士の交流や地域のかたとのつながりを大切にしながら、アットホームな雰囲気の中でおいしいものが楽しく食べられます。

 
また、提供されるご飯は旬の山菜や野菜・肉・魚が豊富に取り入れられ、栄養満点!出汁からとるので、出汁を効かせ、素材の風味を活かした良い味付けです。

くるみ食堂は、地域のかたや利用者などからの食材の寄付や助産師、看護師、保育士などの資格をもつ人のボランティア活動によって支えられています。また、託児もあるので、赤ちゃんを連れたお母さんも安心です。

場所:産後ケア やわらかい風  時間:午後5時~7時
料金:大人500円(高校生以下 無料)

※託児があります。
※また、お一人様でも安心して利用できるように、3名以上でのグループでのご利用は
ご遠慮ください。

 

<ひかりちゃんのママにお話を伺いました!>
待望の2人目として産まれてきた娘は、周りの赤ちゃんよりもすこし小さく産まれてきました。産まれたときは何より嬉しかったのと反面、不安や悩みもありました。
そんなとき、友人から教えてもらったのが「やわらかい風」でした。「やわらかい風は助産師さんだから、産後の悩みや不安を話を聞いてくれるよ。」

はじめてのことで不安はありましたが、2時間くらい預かってもらおうと託児を利用しました。買物など自分の用事を終えて、ちょっとだけリフレッシュ。お迎えのとき、先生から「何か悩んでいることはない?」「赤ちゃん、ちゃんとおっぱい飲んでる~?」と、先生のほうから優しく声をかけていただいたことが嬉しくて、それから「やわらかい風」で託児を利用するようになり、今では週に何度か寄らせてもらっています。助産師の川口さんとお茶をしながらお話するのが楽しくて、話を聞いてもらえると気持ちも軽くなり、穏やかになれます。

 

<代表の川口映子さんにお話を伺いました!>
やわらかい風を開院する前は、産婦人科医院で助産師として勤めていました。当時は、先生が高齢のため分娩をやめられたことと、これまで自身が子育てを経験する中で、妊娠・出産した際に周りで相談できる場所がなかったことから、“お母さんがありのままでいられる場所をつくってあげたい”という思いを強く持ちながら日々、過ごしていました。
丁度、タイミングを同じくして「川口さん、助産所をしてみたら?」との声があり、なんとかなるかな、と思いながら活動を続け今日に至ります。
女性は出産すると身体に大きな負担がかかり、ホルモンバランスの崩れや夜間の授乳などにより、出産前と比べると生活リズムが大きく変化します。やわらかい風では、産後の不安定になりがちなお母さんの身体と心に寄り添います。産後、子育て中のお母さんもリフレッシュの時間が必要!

お母さんの話に優しく耳を傾け、産後ケアを中心に女性の一生を通じてご相談いただける助産院として、焦らず、ゆっくりお母さんになるお手伝いをさせていただきます。産後の困ったときなど、不安や悩みを抱え込まないで、どうぞお気軽にご利用ください。


この日、お母さんと一緒に来院したひかりちゃんを抱きながら、
優しく声をかける川口先生。

 


お母さんに優しく寄り添う、産後ケア施設「やわらかい風」。

 

≫≫産後ケア やわらかい風≪≪
〒680-0811 鳥取市西品治805
TEL&FAX 0857-20-3941
夜間・緊急050-3630-4138
開院時間:9:00~17:00(日・祝日は休み)
HP:http://yawakaze.org

〇産後ケア「やわらかい風」は、完全予約制です。直接、お電話でお申し込みのうえ、安心してご利用ください。

0・1・2・3子育てひろば

Twitter Facebook

県東部で子育て中のかたが、子育てについての情報交換や交流ができる「子育てひろば」が
あります。


“子育てひろば”は、0~3歳の乳幼児とその子どもを家庭で子育てしている保護者のかたが気軽に利用できる場所です。くつろいだ雰囲気の中で、親子でじっくりと遊んだり、お友達と遊んだり、また、育児に不安や悩みがあって聞いてほしい・・・など、子育てに関する相談等にも応じるなど、子育て親子をサポートしています。

 

~室内には、遊べるおもちゃがいっぱ~い♪~
 
室内にあるボールやおもちゃは、誰でも自由に使えます。

 
「おいで~♪」と笑顔いっぱい、ママも楽しそう!
赤ちゃんから使えるおもちゃも揃い、消毒もされているので安心です。

 
ママに抱っこしてもらったり、手を繋いでスキンシップ♪

 
(写真右)窓際で絵本を読む親子。ママが優しく語りかけるように絵本の読み聞かせをしています。

~みんなであそぼう~
この日の“みんなであそぼう”は、「こいのぼり」づくり。
好きな色の色紙を使って、親子でこいのぼりをつくりました。
 
「なにをつくっているの~」と子どもも興味津々です。

 
(写真左)ママはこいのぼりづくりに夢中♪目玉がついたら完成です。
子どもは、おままごとに夢中?とにかく遊びが楽しいね♪

 

≪みくちゃんのママにお話を伺いました!≫
娘と一緒に“子育てひろば”に通い始めて1年くらいになりますが、週に2・3回程度、利用しています。大好きなおままごとや絵本を読んで遊んでいます。また、娘がひとりっこということもあり、ここに来たら年齢の近いお子さんに会えるので、一緒に遊んだりして楽しんでいます。
 
みくちゃんは、ラッパのおもちゃがお気に入りの様子♪(撮影当時:2歳)

 

≪わかなちゃんのママにお話を伺いました!≫
上にいるお姉ちゃんが4歳だったころ、“子育てひろば”に通っていました。それから2年の月日が経ち、今日は娘と初めて遊びに来てみました。こちらは、0~3歳のお子さんが利用対象ということで、他のセンターなどと比べると、小さな子どもでも大きなお子さんとぶつかる心配も少なく、安全なのかなという安心感があります。
大きいお子さんが遊ばれていると、小さな子どもを連れて遊びに来ていいのかどうか、こちらが気を使うこともあります。ここは、室内にトイレも設置されているので利用もしやすく、子どもが小さいうちは、親の目の行き届く範囲の部屋でじっくり見守りながら、楽しみたいと思います。
 
カメラを向けると、あれれ・・・。
ジャングルジムでは手をたたいたりご機嫌な、 わかなちゃん(撮影当時:1歳2か月)

 

≪0・1・2・3子育てひろば 代表の田辺さんにお話を伺いました!≫
いろいろな子育て応援の施設があっても、その情報が支援の必要なお母さん達に届かないこともあります。子育てひろば”では、保健センターの健診のときや他の子育て支援センターに遊びに来られるお母さんにチラシをお渡ししてもらうなど、なるべく情報が届くようにしています。遊びに来られたお子さんが少しでも“キャッキャ”と笑ってくれる顔が何よりも私たちの喜び。

“子育てひろば”は、ちょっと下駄履きで来てもらえるような、気軽に遊びに来られる場所として、お子さんとお母さんに「楽しかった」「また来ようね~♪」と言ってもらえるような雰囲気づくりを大切にしています。お子さんが遊んでいる様子を近くで見守り、お母さん同士の交流の場として、また、子育てに対する不安を少しでも取り除いてあげられるよう、相談にも応じています。
転勤で来られて、どこで遊んで良いのかわからない、というようなかたもおられますが、利用者のかたから「鳥取のおばあちゃんのようでした」とお礼のお手紙をもらったりして、嬉しいこともありました。

回数を重ねると子ども同士で遊んだり、また1年、2年経つと出来ることも増えていきます。“ハイハイ” から“よちよち”など、お母さんと一緒にお子さんの成長が見られるのも嬉しいですね。


「お子さんとご一緒に、気軽にお立ち寄りください♪」と話す、田辺さん(左)と福井さん(右)。

≫≫0・1・2・3子育てひろば≪≪
鳥取市文化センター内 1階(鳥取市吉方温泉3丁目701番地)
TEL:0857-22-7180

【開所時間】9:30~12:00 、13:00~16:00
(日曜日、祝日・12/29~1/3は閉館です)
※0~3歳児が対象です。
※駐車場完備(鳥取市文化センター駐車場)ですので、お気軽にご利用ご来訪ください。

<お問い合わせは、0・1・2・3子育てひろば又は鳥取市役所こども家庭課へ>
TEL:0857-20-3462

HP:http://www.city.tottori.lg.jp/www/contents/1190336714332/index.html

認定こども園 いなば幼稚園・いなば保育園

Twitter Facebook

inaba1_r

認定こども園 いなば幼稚園・いなば保育園

~遊びの中で生きる力を育てる~

今回は、認定こども園 いなば幼稚園・いなば保育園(以下「いなば幼稚園・いなば保育園」といいます)にお邪魔しました。12月現在で175名の園児が通ういなば幼稚園・いなば保育園は、平成26年4月から認定こども園としてスタートしました。
豊かな自然に囲まれた広い園庭では、全身を使った遊びや毎日の体操、乾布摩擦など、様々な手法を取り入れた健康づくりを行い、自然とのふれあいや地域の環境を生かした教育に力を入れています。毎日の生活や体験を通して、想像力や感性を豊かにし、生きる力を育み、知育・徳育・体育ともに均衡のとれた感性豊かな子どもの育成をめざしています。

今回は子育て支援の一環として、園で実施されている「なかよしデー」の様子をご紹介します!

【すくすくデー・なかよしデーを実施しています】
いなば幼稚園・いなば保育園は、子育て支援の一環として、「すくすくデー」「なかよしデー」を実施しています。「すくすくデー」は毎月1回土曜日に、「なかよしデー」は、毎月1回平日に就園前のお子さんと保護者のかたに保育に参加していただく開放日で、子育ての輪の広がるきっかけとなるように取り組んでいます。
先生たちが毎月テーマや楽しい内容を考え、屋内外で行う様々な体験を通して、たくさんの友達との出会いや触れ合い、また、お母さん同士の交流や情報交換の場になっています。
inaba2_r inaba2-1_r
玄関口で「なかよしデー」の受付をします。受付を済ませたら教室へ♪
始まるまでは教室にあるおもちゃで遊んだりママ同士で談笑したり、自由時間です。

inaba3_r inaba3-1_r
はじまりの歌が流れると「なかよしデー」のはじまりはじまり~♪
お母さんの膝の上で「これから何が始まるのかなあ?」と興味深々の子ども。歌が終わるとなにやら先生から子どもに手づくりバッグのプレゼントです。「さあ、これに何入れようか?」と、子どもの反応が楽しみな先生の表情。

inaba4_r
先生(写真左)の掛け声で、みんなが外へ向かいます。
「今日は天気もいいし、お外にいってみよう!」

~みんなで園庭へ!ドングリ拾い~
みんなが外に出てみると、何やら木(手づくり)が何本か立っていて、すぐ下にはたくさんのものが
落ちていました。
inaba5_r inaba5-1_r
「あ~!ドングリがいっぱいだあ~!!たくさん落ちているよ~!」と、先生の声にみんなで一斉にドングリ拾いが始まりました。子どもはドングリ拾いに夢中です♪

inaba6_r inaba6-1_r
「わあ~!いっぱいドングリを拾ったね!!」と、子どもに駆け寄り嬉しそうな先生。
子ども達は園庭でたくさんのドングリをかばんいっぱいに拾い集めました。

~拾い集めたドングリを使って工作のじかん~
拾い集めたドングリを教室に持ち帰り、みんなで工作です。
inaba7_r inaba7-1_r
子どもの手元を見守りながら一緒にテープで止めたり、ハサミなどの道具を使って仕上げていきます。

inaba8_r
カップおやつの空容器とドングリを使った手づくり楽器が完成しました。
上下に振ると“シャカシャカ”と音が鳴りました♪

inaba9_r inaba9-1_r
今度は先生のエプロンから人形が飛び出してきました。子どもは指を指しながら先生がする質問に答えたり、笑い声を交えながら楽しんでいました。最後に完成した楽器を手に持ってピアノの曲のリズムに合わせて歌をうたい楽しい時間は終了しました。

inaba10_r
帰り際、お母さんの見守るそばで先生とさようならのあいさつを交わすりかちゃん(手前/真ん中)。
「また遊びに来てね!待ってるよ~」と、腰をかがめ優しく話しかける先生。

≪ママの岡本さんにお話を伺いました!≫
「なかよしデー」などの案内がお家におたよりで届くので、いつも楽しみにしています。家から近いこともあって参加しやすいことと、ほかのお母さんと話せる機会が嬉しくて何回か参加させてもらっています。内容も親子で楽しめるものなので、安心ですね。これからも続けて参加したいと思います。
inaba11_r inaba11-1_r
ママと息子の“こうたろう君”(取材当時:1歳11ヶ月 / 写真右)

≪ママの前波さんにお話を伺いました!≫
私たちでは、なかなか出来ない遊びを先生たちが考えて企画して下さるので、「すくすくデー」や「なかよしデー」では、いろいろな体験をさせてもらっています。
家が近くということで、来年の入園も視野に入れて考えているところです。企画内容もとても楽しいものばかりなので毎回どんなことをするのか楽しみです。娘も今日のドングリ拾いに夢中でした。家とはまた違う可愛い表情や様子が見れたりして、良い機会にもなっています。
inaba12_r
ママと娘の“りかちゃん”(取材当時:2歳 / 写真右)

≪園長の岡 美智子先生にお話をお伺いしました!≫
本園では、子育て支援の一環として、「すくすくデー」「なかよしデー」を実施しています。平日に行っている「なかよしデー」では普段の園の様子を見ていただくことができるので、続けて遊びに来てくださるかたも多いです。また、すくすくデーは土曜日を使って実施していることもあり、たくさんのお父さんにも参加していただいていますので、「なかよしデー」とはまた違う雰囲気です。子ども達の様子を見ていただきながら、保護者同士の交流を深める場にもなっています。

参加されるかたは、入園をひかえているかたの参加が多いですが、園からのおたよりや広報誌を各所においているのでほとんどのかたはそれを見て来られます。また、お母さん同士の情報交換も多いですよ。「お友達から聞いて遊びに来ました!」と、初めて参加されるかたも多くおられます。また、この時期になると入園願書を出されたかたがお子さんの体験の機会にもなっています。初めはなかなか参加しにくいかもしれませんが、勇気をもって遊びに来てくださったら、そこでお友達になられたり、参加が増えるごとにどんどん顔見知りになるので、皆さん楽しまれています。
まずは、私たち保育者が楽しむ!私たちが楽しくないと子どもや保護者のかたに思いがなかなか伝わりにくいので、先生達も同じ思いを持って子どもに接しています。
また、本園は、転勤等で来られて通われるかたも多いので、私たちがいろいろと話が出来る関係づくりのきっかけになればと思っています。

≫≫認定こども園 いなば幼稚園・いなば保育園≪≪
〒680-0072 鳥取市滝山449-1
TEL:0857-26-5656 / FAX:0857-26-2975
【メール】inaba-y@hal.ne.jp
HP http://www.hal.ne.jp/inabay/