h2_kosodatetai.jpg

中部

西倉吉保育園 (とっとり自然保育認証園)

Twitter Facebook

鳥取県では、豊かな自然を活用し、自然体験活動を行う保育所、幼稚園等の施設を認証する
「とっとり自然保育認証制度」を平成29年3月31日に創設しました。
今回は、この自然保育認証制度に認証された保育施設をご紹介します!

(とっとり自然保育認証制度について、詳しくはhttp://www.pref.tottori.lg.jp/267067.htm をご覧ください。)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

西倉吉保育園は、昭和41年に開設して今年で創立54年目を迎えます。広い園庭は木々に囲まれ、園舎の周辺には野原や田園風景が広がっていて、豊かな自然環境に恵まれています。晴れた日には散歩に出かけ、春はバッタやテントウムシなどの昆虫を見つけたり、秋にはドングリなどの木の実を探しています。子ども達は四季折々の自然の中で、その季節に採れる花や植物、生き物との出会いによって四季を感じています。

園の保育方針として『あかるく のびのび たくましく』を掲げ、日々の生活の中で規則正しい生活習慣を身につけていきながら、遊びを中心とした幾多の経験の中で健康な身体を培い、幼児期にふさわしい生活や遊びを通してのびのびと遊びきる子どもを育てます。

<西倉吉保育園の目指す子ども像>
・健康な身体で意欲的に遊ぶ子ども
・豊かな心を持ち、考えて行動する子ども
・自分の思いを出し、友だちの思いも大切にできる子ども
・きまりを守り、自分のことを自分でできる子ども
・すべての人や物事に感謝する子ども
・すべての「いのち」を大切にする子ども

 

~園庭で、のびのびと遊ぼう~
 
寒い季節でも、晴れた日は暖かい格好をして外で元気よく遊んでいます。
園庭に響く、子ども達の楽しそうな声。

 
園庭で走り回ったり、遊具で遊んでいる子ども達。園庭には、ブランコや砂場、ジャングルジムなどの遊具が設置されています。
(写真左)「先生、見て~!」と、先生(左)に手を振る園児(右)。

 
すべり台は、ローラーのあるもの・ないものの2種類のタイプがあり、どちらも子ども達の好きな遊具の一つです。元気いっぱい、夢中になって遊ぶ子ども達の姿が見られました!

 

~親子でロボ木ーをつくって遊ぼう!「ロボ木ー教室」~
この日は、さくら組(年長)の親子会として「ロボ木ー教室」が開かれました!講師に森のきこりんのメンバーと有志の方をお招きして、親子で製作を楽しむ様子をご紹介します!

<「木育」か・き・く・け・こ>
か =環境を守る「木育」
き =木の文化を伝える「木育」
く ­=暮らしに木を取り入れる「木育」
け =経済を活性化させる「木育」
こ =子どもの心を豊かにする「木育」

はじめに、森のきこりん代表の木山さんから、自然のことや木についてのお話を伺いました。
 
(写真左)「ロボ木ーは“ひのき”という木でできているんだよ。」
(写真右)「木のいい香りがする~!」

さあ、みんなでロボ木ーをつくろう!
 
講師の方にも手伝っていただきながら、ロボ木ー専用のキットを使って製作を始めました。親子で会話をしながら、楽しそうな様子。

 
「さて、ロボ木ーを組み立てていきましょう!」まず、設計図の上にパーツを置いていき、木槌でトントンと組み立てていきます。

ロボ木―を組み立てたら・・・
 
ロボ木―を組み立てたら、布・毛糸・ボタンなどを使って、まゆ毛・目・口をつけます。髪の毛と服をつけたら出来上がりです。親子で試行錯誤しながら一生懸命作ったロボ木ーが完成しました!

 
一体一体がユニークで、どれも個性あふれる可愛らしいロボ木ーたち。完成すると、友達と見せ合う姿が見られました!


みんなで記念撮影♪出来上がったロボ木ーは、これから家族の一員になります。

【ロボ木ー教室の本来の目的とは?】
ロボ木ー教室の本来の目的は、地球温暖化防止のお話です。木が森で大きく育つ過程における光合成の結果、CO2(二酸化炭素)を大気中から吸収し、O(酸素)を大気中に放出して空気を清浄化する。さらに、吸収したCO2の炭素(C)は木材として炭素固定する。木材として炭素固定した材料でロボ木ーは作られている。木がCO2を閉じ込めて、地球を温暖化から守っているのです。ロボ木ー教室では、ロボ木ーの製作を通して子ども達に木の大切さを伝えています。

 

 
(写真左)玄関前では、等身大ロボ木ーがお出迎え。
(写真右)出来上がったロボ木ーたちは、玄関に飾られました!

 

<伊藤園長先生にお話を伺いました!>
今年で3年目を迎えるロボ木ー教室では、毎年親子で作ることを楽しんでいます。一年前には絵本でも登場する“チャーリー博士”こと島根大学の山下先生が来園され、ロボ木ー教室の本来の目的である地球温暖化防止のお話をしていただきましたが、いつも絵本や紙芝居で見ていたチャーリー博士とロボ木ーが遊びに来園されたことに、子ども達も大喜びでした。園では、『ロボ木ー』にちなんだ歌や絵本を使ったり、ロボ木ーの製作を通して、子ども達に木を大事にすることを伝えています。

そのほかにも、本園では豊かな自然に囲まれた環境を活かして田畑周辺の探索をしながら生き物や野花を探したり、地域の人と一緒に野菜や花を植えたりして交流を深めたり、地域の人や身近な自然にふれることを大事にしながら、地域の自然環境に興味・関心が持てるような取り組みを行っています。お家の人や地域の人たちが保育に参加する機会を広げながら、子どもの成長を見守り、共に子育てをしています。

何事にも意欲的に取り組む子ども達の姿は、いつも輝いています。のびのびとした環境の中で、夢中で遊び、経験を重ねながら、子ども達は集団生活を通して、元気にたくましく過ごしています。


「たくましい子に育ってほしい」と話す、伊藤園長先生。

 


みどりの自然に囲まれた、西倉吉保育園。

 

≫≫西倉吉保育園≪≪
倉吉市西倉吉町2-23
TEL 0858-28-2228

HP:http://www.minorifukusikai.com/

めぐみ保育園(とっとり自然保育認証園)

Twitter Facebook

鳥取県では、豊かな自然を活用し、自然体験活動を行う保育所、幼稚園等の施設を認証する
「とっとり自然保育認証制度」を平成29年3月31日に創設しました。
今回は、この自然保育認証制度に認証された保育施設をご紹介します!

(とっとり自然保育認証制度について、詳しくはhttp://www.pref.tottori.lg.jp/267067.htm をご覧ください。)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

めぐみ保育園は、日本キリスト教団倉吉教会によって倉吉市に開設された保育園です。1973年に建てられた3階建ての教会には、2階にクラスごとに設けられためぐみ保育園の保育室、3階に大きな礼拝堂があり、1階にホールがあります。保育園と教会が一つの建物を共有しながら、地域の人が子どもと関わり、子どもたちの健全な育ちを見守り、地域で子育てを支援しています。打吹公園に隣接していますが、園庭には広い芝生の庭と砂場があり、子どもたちの元気な声がいつも聞こえます。

 

この日は、年長児が卒園遠足で「砂の美術館」と「かにっこ館」へ出かけました!

~砂の美術館~
 
最初に砂像が展示されている砂の美術館へやってきました。美術館に入ると、迫力のある砂像がお目見え!

 
子ども達は目の前にある大きな砂像を見上げて、いつもとは違った雰囲気に少し緊張した表情が見られましたが、「あ!これ見たことある!」と指を差したりしながら、砂像に興味を示していました。「さあ、次は2階に行ってみよう♪」

2階へ上がると・・・
 
照明に照らされた美しい砂像を見て「わあ、きれい~!」「すごいなあ!下から見たのと違う」と、子ども達。立って見たり、しゃがんで柵の隙間から覗いて見たりして、砂像を観察していました。子ども達の中には、「私も作ってみたい!」という声もあり、2階から見た砂像は幻想的でした。

続いては、敷地内の外を探索♪
 
野外でも展示されている砂像を見学しながら、足取りも軽く楽しい気分♪「先生、お弁当はいつ食べる?おなかすいてきた~」という声もあり、お弁当を楽しみにしている様子でした。

探索していると・・・敷地内に砂場を発見!
砂の美術館の職員の方に砂場で遊べるのかを確認してみると「良いですよ~!」とOKをいただいたので、早速、外で砂遊び開始♪
 
「砂がひんやりして気持ちいい~」「保育園の砂と比べて、サラサラ~!色も違うね!」
砂遊びをしながら、「園の砂でも砂像が作れるかな~?作ってみようか!」と、先生の提案に「作ってみるー!」と、子ども達も反応。


砂の中からいろいろな大きさのイモ虫が姿を現しました。「あ、砂の中にイモ虫がおった!」「なんか家族みたい~!」「虫のおうちつくってあげよう♪」と、子ども達の会話。「先生、私も虫見つけたよ~!」と、見つけた虫を手に持ちながら、嬉しそうに報告をしていました。


砂遊びをしていると、突然・・・「あ!飛行機だあ~!!」と、興奮気味の子ども達。鳥取砂丘コナン空港から離陸した飛行機が上空を通過。子ども達は、飛行機が見えなくなるまで空を見上げていました。

 

~かにっこ館~
続いて、かにっこ館へやってきました!
 
到着時間が丁度お昼だったので、かにっこ館前の広場でシートを広げてお弁当をいただきました。

 
手を合わせていただきますのごあいさつをしたら、お待ちかねのお弁当タイム♪
子ども達は、おうちの方が作ってくれたお弁当をおいしそうに食べていました。

お弁当を食べ終わると、早速かにっこ館の中へ!
 
(写真左)職員の方から、館内のルールや海の生き物についてのお話を聞きました。
(写真右)館内に入ると大きな水槽の中に大きな魚が優雅に泳いでいました。

 
(写真左)脚の長い巨大なタカアシガニ、タツノオトシゴ、青や黄色の鮮やかな色の魚などがいる水槽の中を一つひとつ観察していました。

 
(写真左)先生と一緒に館内に設置されたクイズにも挑戦!「答え合ってるかな~?」
(写真右)「ふれあい水槽」で、カニ・ヒトデ・ウニ・魚などの海に住む生き物を自分から積極的にさわってみたり、興味津々の様子。

卒園遠足は楽しいうちに終了し、子ども達の楽しい思い出が、また一つ増えました♪

 

<年長組の岩本先生にお話を伺いました!>
今日は、年長児が卒園遠足でバスに乗って砂の美術館とかにっこ館へ遊びに出かけました。子ども達に聞いてみると、何人かおうちの方と一緒に施設に遊びに来たことがある子もいましたが、今のクラスになってからは、初めての経験でした。園ではカレンダーに予定を書いていて、子ども達はこの日が来ることをとても楽しみにしていました。出かける前も「今日行くよなあ~!」と、嬉しそうでした。砂像は初めて見る子がほとんどでしたが、大人が見ても感動する作品に、間近で見た子ども達の目には、さらに迫力のあるすごいものに映って、きっと感動したのではないかと思います。

集団の中で学べることもたくさんあると思いますが、子ども達からの声も大事にしながら、子ども同士で「どうしたらいいのかなあ~?」と考えながら生活していく中で、自分で取り組むことが出来たり、友達の真似をしながらでも一緒に出来ることが増えたらいいなあと思います。今は、子どもの声を聞くことや言葉かけなどを大事にしています。

何より、子どもの笑顔を見れることが一番嬉しいので、毎日楽しく過ごせたり、元気いっぱい遊べるような環境を意識しながら、一日一日を大切に過ごしています。

 

<柴田園長先生にお話を伺いました!>
本園の園舎の裏には打吹山と打吹公園があり、身近に自然とふれあえる場所があります。打吹山の頂上まで登ったり、展望台まで行ったり、打吹公園には動物を見に遊びに出かけています。子ども達は普段の生活の中で、めずらしい形の葉っぱや大きな葉っぱを見つけて遊んだり、葉っぱの色の変化、植物や木の実などを拾ったりしてながら、四季の移り変わりを感じています。

今回は、年長児のプログラムの一つである卒園遠足の日で鳥取市にある2施設へ見学に行きました。砂の美術館では、子ども達が大きな砂像の作品に驚いたり、作品をめずらしそうにじっと見ている姿が見られました。砂遊びも大好きで、園でも砂に水を加えてチョコレートのように砂をトロトロにして作って遊んでいます。かにっこ館では実際に生き物とのふれあいを体験する中で、自分から生き物にさわってみたり、水槽の中を覗き込んだり、子ども達のいろいろな表情が見られました。普段の園生活でバスに乗って出かけることがない子ども達にとっては、これも良い体験です。本園では子どもの興味・関心を大切にしていますので、毎年行きたい場所も変わっていきますが、今回の経験で遊びに行きたい場所がまた増えました。

今回のプログラムの目的は、『感動』すること。リアルにすごいものを見たり、感じたりすると「わあ~!」と声になりますが、これが大事だと考えます。“すごい!”とか、“楽しい!”とか、感動してくれたら、その気持ちが彼らの中に起こったらそれで十分だと思っています。

≫≫めぐみ保育園≪≪
倉吉市仲ノ町742-2
TEL:0858-22-3488

みのり保育園(とっとり自然保育認証園)

Twitter Facebook

鳥取県では、豊かな自然を活用し、自然体験活動を行う保育所、幼稚園等の施設を認証する
「とっとり自然保育認証制度」を平成29年3月31日に創設しました。
今回は、この自然保育認証制度に認証された保育施設をご紹介します!

(とっとり自然保育認証制度について、詳しくはhttp://www.pref.tottori.lg.jp/267067.htm をご覧ください。)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

みのり保育園は、昭和48年5月1日に開設し、0歳から就学前の子どもが通う保育園です。楽しく安心して生活できる環境の中で、子ども同士の関わりと保育者の温かい援助を通し、子ども達は元気にのびのびと園生活を送っています。広い園庭を活用し、体操・マラソン・リトミック(音楽を活用した幼児教育)等の実践を行いながら、健康な身体づくりにも取り組んでいます。菜園活動では、育てた野菜を給食に出したり、毎月1回開催している食育活動「さくらきっちん」では食べ物の大切さを知ったり、体と食べ物の関係等、食育活動を通して食への関心を深めています。

続きを読む

認定こども園 倉吉幼稚園(とっとり自然保育認証園)

Twitter Facebook

鳥取県では、豊かな自然を活用し、自然体験活動を行う保育所、幼稚園等の施設を認証する
「とっとり自然保育認証制度」を平成29年3月31日に創設しました。
今回は、この自然保育認証制度に認証された保育施設をご紹介します!

(とっとり自然保育認証制度について、詳しくはhttp://www.pref.tottori.lg.jp/267067.htm をご覧ください。)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

倉吉幼稚園は明治39年に創立され、100余年の歴史と伝統のある幼保連携型認定こども園です。子どもの主体性を尊重し、集団生活を通して体験や経験を重視する中で人間形成の基本を養い、長年に渡り様々な取り組みをしています。

打吹山の恵まれた自然環境の中で、積極的に園外保育を展開し、自然の移り変わりやその季節に採れる旬のものを食べることで四季を感じ、生き物との出会いにより、子どもたちの豊かな感性を育んでいます。

続きを読む

三朝町立賀茂保育園(とっとり自然保育認証園)

Twitter Facebook

鳥取県では、豊かな自然を活用し、自然体験活動を行う保育所、幼稚園等の施設を認証する
「とっとり自然保育認証制度」を平成29年3月31日に創設しました。
今回は、この自然保育認証制度に認証された保育施設をご紹介します!

(とっとり自然保育認証制度について、詳しくはhttp://www.pref.tottori.lg.jp/267067.htm をご覧ください。)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

三朝町立賀茂保育園は、三朝町の豊かな自然に恵まれた環境で、保育園の周辺を散歩しながら、季節の移り変わりを感じたり、海や川、山や高原に出かけたりして年齢の違う子どもたちが一緒に関わりながら、様々な活動をしています。また、菜園活動では、自分たちで作った野菜を調理するなどして、食への関心を深めています。

続きを読む

向山保育園(とっとり自然保育認証園)

Twitter Facebook

鳥取県では、豊かな自然を活用し、自然体験活動を行う保育所、幼稚園等の施設を認証する
「とっとり自然保育認証制度」を平成29年3月31日に創設しました。
今回は、この自然保育認証制度に認証された保育施設をご紹介します!

(とっとり自然保育認証制度について、詳しくはhttp://www.pref.tottori.lg.jp/267067.htm をご覧ください。)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

向山保育園は、倉吉市のほぼ真ん中に位置し、向山の南の高台にあります。

森林に囲まれた広い施設環境と充実した保育環境を生かし、四季を通して森林浴や園外保育を十分に取り入れ、豊かな感性を育てながら健康づくりにつとめています。また、子どもの主体性を尊重し、集団生活を通してたくさんの体験や経験をする中で、一人ひとりの心身の発達を認めながら保育を進めています。

続きを読む

赤碕こども園(とっとり自然保育認証園)

Twitter Facebook

鳥取県では、豊かな自然を活用し、自然体験活動を行う保育所、幼稚園等の施設を認証する
「とっとり自然保育認証制度」を平成29年3月31日に創設しました。
今回は、この自然保育認証制度に認証された保育施設をご紹介します!

(とっとり自然保育認証制度について、詳しくはhttp://www.pref.tottori.lg.jp/267067.htm をご覧ください。)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

赤碕こども園では、子どもの興味や関心を出発点とし、それぞれの探究心に応じた方法(調べる、聞く、話し合う、表現する)により遊びを深め、子どもとともに保育者も主体的に学んでいく、園独自のプロジェクト保育を土台に自然保育を展開しています。そのフィールドとして園庭と近くの牧場、そして地域環境の3つの豊かな自然を組み合わせた保育を行っています。
また、自然環境だけに留めず、子ども達の中から沸き起こる発見やおどろきを生活環境や社会環境などへの興味・関心と関連づけながら学びを深めています。

 
0歳児 おひさま組の教室。どの教室も木が多く使われているのが印象的で家庭的な雰囲気を感じます。子どもたちは、毎日の食事を通して手に触れた感触や口に入れたときの食感を楽しんでいますが、ご飯を掴んだときの感触をそのまま画用紙にペタペタと表現するなど、0歳からできる遊びを保育者と一緒に楽しんでいます。

続きを読む

とっとり自然保育認証園(鳥取短期大学附属こども園)

Twitter Facebook

鳥取短期大学附属こども園

鳥取県では、豊かな自然を活用し、自然体験活動を行う保育所、幼稚園等の施設を認証する
「とっとり自然保育認証制度」を平成29年3月31日に創設しました。
今回は、この自然保育認証制度に認証された保育施設をご紹介します!

(とっとり自然保育認証制度について、詳しくはhttp://www.pref.tottori.lg.jp/267067.htm をご覧ください。)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

鳥取短期大学附属こども園は、平成27年度から0歳~5歳児に対して一体的に教育・保育を行う幼保連携型認定こども園となりました。
園舎の前庭とつながる裏山「チクチク山」では、園児たちが急な斜面を泥だらけになりながら登り、山道を探検。豊かにのびのびと遊べる自然と、広大な園庭で健康な体と心を育み、自然に親しみながら遊びを通して創造性と運動機能を伸ばすことができるなど、恵まれた自然環境にあります。

チクチク山を元気よくよじ登る園児。

今回は、園舎から離れた西郷地区にある川へ、5才児クラスの園児たちが川あそびに
やってきました。

続きを読む

マタニティサロン

Twitter Facebook

~妊婦さんの不安や疑問を解消♪生まれてくる赤ちゃんのために~

県中部の倉吉市子育て総合支援センター「おひさま」の一室を会場として、妊婦さんを対象に開かれているマタニティサロン。倉吉市保健センターでマタニティママ同士の交流の場をつくったのをきっかけに、現在は月替わりで「食事・お口の健康・子育て」に関する3つをテーマに毎月ミニセミナーが開かれています。

マタニティサロンは、妊婦さんが気軽に集まって、自由に話ができる場所です。それぞれの専門知識を持つ保健センターのスタッフが講師となり、各テーマごとに話し、妊婦さんの不安の軽減や疑問を解消したり、お友達づくりの機会にもなっています。
続きを読む

倉吉こども食堂 テラハウス

Twitter Facebook

kodomosyokudou1_R

倉吉こども食堂 テラハウス
~おばちゃんたちがおいしいごはんをつくって待っています~

今回は、中部にあるテラハウスにお邪魔しました~!

倉吉市の観光名所 白壁土蔵群近くで日替わりオーナーによるレストラン・カフェをしているテラハウスは、2016年4月から第1回目となるこども食堂をオープンし、“倉吉こども食堂テラハウス”として、毎月1回・第3火曜日 夕方4時から8時に開店しています。
倉吉こども食堂テラハウスは、子ども達に大人数で食卓を囲む楽しさや育ち盛りの大切な成長期に十分な栄養を摂ってほしいとの思いで集まった民間ボランティアによって成り立っています。この日も、たくさんのボランティアのかたの協力がありました。

続きを読む