h2_kosodatetai.jpg

とっとり自然保育認証園(白兎保育園)

白兎保育園

鳥取県では、豊かな自然を活用し、自然体験活動を行う保育所、幼稚園等の施設を認証する
「とっとり自然保育認証制度」を平成29年3月31日に創設しました。
今回は、この自然保育認証制度に認証された保育施設をご紹介します!

(とっとり自然保育認証制度について、詳しくはhttp://www.pref.tottori.lg.jp/267067.htm をご覧ください。)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

白兎保育園は、園舎の周辺にいくつもの公園と、向山(むこうやま)、日本海があり、多くの自然環境に恵まれています。山登りや田畑周辺の探索等の自然体験や地域の方との交流をしながら地域の自然環境に興味・関心が持てるような取り組みを行っています。
園舎内は随所に木のぬくもりを取り入れ、温かな雰囲気の中で子どもたちが充実した養護と教育が受けられる環境が整っています。

また、地域とのつながりも深く、園外保育では公園や道端で出会う地域の方とあいさつを交わし、地域の方に畑を借り、指導を受けながら一緒にサツマイモの苗植えから芋ほりをするなど、ふれあいを楽しみ、地域と連携しながら地域全体で子どもたちの成長を見守っています。

 
あじさいが花開く頃には、園舎の近くにある「あじさい公園」へ出かけます。
(写真左)緑に生い茂る葉っぱの上にいるカタツムリを発見した園児。
「あ、カタツムリだあ~!」

 
公園や広場に出かけると、芝生でかけっこをしたり、バッタやカエルなどの昆虫採集に夢中!
秋は木の実を見つけるなど、園児は季節ごとでできる遊びの中で様々な発見をしています。

 

~園舎の周辺には、自然がいっぱい~
この日は園舎隣にある、はまなす園の「はまなす広場」を借りて、1、2歳児が芝生や丘に登って遊びました。手やひざをつきながら芝生の丘を元気によじ登ります。
 
(写真左)近くで先生が見守る中、一人で丘をよじ登るたくましい姿!

 
しっかりと足を踏ん張り、急斜面を一人で上がったり、下りるのが不安な子は先生の手を借りながら下りていました。

 
日向ぼっこが気持ちの良い天気で、表情もにっこり
(写真左)「見て、つくしんぼ見つけたよ~!」

 

~向山へ登ってみよう!~
この日は、年少と年中児が一緒に園舎近くにある向山へ登りました。
青空の広がる中、園舎から元気よく出発!
 
(写真左)園児たちは、手を上げて車に注意しながら向山を目指します。
(写真右)園舎から5分程歩いたところに、向山へつながる入り口に到着。

 
上り始めは砂地だった山の地面はだんだんと土に変わり、上がるにつれ枯れ葉が広がります。山道は大きな木の根が地面を張りめぐらせ、園児は緩やかな道や険しい急斜面でもたくましく前進!

 
(写真左)山の中腹に差し掛かるところで小休憩。先生のかけ声にあわせて子どもたちが両手を頬にあて、大きな声で「やっほ~!!」と叫ぶと、向山に元気な声が響きました。

 
さあ、向山の頂上までもうすぐです。だんだんと海が見え始めました。

 
ようやく頂上に到着!目の前には、広い日本海が見えました。先生が指さした方角には船が見え、船を見つけた子どもたちは、「あ、船だ!」「やっほ~!!」と大きな声を出しながら、頂上の景色を楽しんでいました。

 
続いて、今度は来た道を一歩ずつ踏ん張りながら下ります。山道は枯れ葉がたくさん広がっていて滑りやすい道で、上りより下りのほうが大変な様子でした。「さあ、足を踏ん張って!」と園児に声をかける先生。

 
先に山の中腹まで下山していた先頭の園児たち。戻ってくる園児の姿が見え始めると、大きな声で応援をしていました。「がんばれ~!がんばれ~!!」

 
下りの景色も最高~!晴天の中、下山するころには体も程よく汗をかいていました。


「今日は登るペースが早かったね~!!」と先生が声をかけると、子どもたちも嬉しそうな表情。楽しいうちに向山への山登りは終わりの時間を迎えました。

 

<年少組担任の安部先生にお話を伺いました!>
今日の向山への山登りは、3歳以上の園児が秋頃の活動に取り入れています。向山は、山の上り口は砂地ですが、上に登るにつれて徐々に土に変わり、落ち葉がたくさん広がる箇所があり、足に伝わる感触も様々です。初めは、向山へ登ることが怖くて泣きだしたり、怖い気持ちを出せずに固まってしまったりする子どももいましたが、今まで出来なかったことが出来るようになった姿を見ると子どもたちの成長を感じ、嬉しく思います。

また、園では子どもたちと一緒に保護者の方にも自然保育を知っていただこうと考えています。今後の取り組みとしては、参観日などを利用して、今日出かけた向山へ親子で登ってみようと考えています。親子で向山に登るのは初の試みですが、自然の中でネイチャーゲームを体験していただきながら、親子で楽しい時間を過ごせるように計画中です!

 

<冨吉園長先生にお話を伺いました!>
本園は、鳥取市の指定管理者制度による公設民営の施設です。周辺には白兎神社や白兎海岸があり、国道を挟んで日本海が広がっています。

今日は活動の一環として取り組んでいる、向山へ山登りに出かけました。距離は長くもなく、短くもない程良い距離で、子どもたちは山の頂上を目指し、元気よく山登りに挑戦しています。建って4年目になる鉄筋2階建ての新しい園舎には、津波対策として屋上が作られたので避難できるようになりましたが、以前は避難場所として向山が指定されていました。

また、“見える保育”というのが職員の中で浸透していて、子どもたちが活動したことを保護者の方にお知らせ出来るように写真を撮ってきて、写真を多く使ったボードを作ったり、フォトスタンドで映像を流したりするなどの工夫をしています。「今日は向山に登ったんだね。今度行ってみようね!」と、家庭でも話題にでたり、子どもたちと一緒に出かけたりしてほしいなと思う意図もあり、園では“見える保育”を心がけています。そして、「今日は、こんなことしたよ~!」と、子どもたちが園で行った活動を家庭に持ち帰り、保護者の方に伝えることで喜びを共感し、情報を共有しながら家庭との連携を図っています。

また、この度これまで当たり前にしてきた本園の取り組みを「とっとり自然保育認証園」として認めていただいたことをきっかけに、改めて自然保育を意識するようになりました。今後は、保護者の方にも自然保育をアピールする第一歩として、向山へ親子で登ることも計画しているところです。自然の中で、もっと親子のコミュニケーションをとっていただきたいと考えています。


「保護者の方との交流を深めながら“見える保育”を提供したい。」と話す冨吉園長先生。

 

≫≫白兎保育園≪≪
〒689-0201 鳥取県鳥取市伏野193-5
TEL:0857-59-1144 FAX:0857-30-5366
HP:http://www.t-asunaro.jp/facilities/hakutohoiku/index.html