h2_kosodatetai.jpg

とっとり自然保育認証園(わかば台保育園)

わかば台保育園

鳥取県では、豊かな自然を活用し、自然体験活動を行う保育所、幼稚園等の施設を認証する
「とっとり自然保育認証制度」を平成29年3月31日に創設しました。
今回は、この自然保育認証制度に認証された保育施設をご紹介します!

(とっとり自然保育認証制度について、詳しくはhttp://www.pref.tottori.lg.jp/267067.htm をご覧ください。)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

わかば台保育園では“遊びきる子ども”をテーマに、日々の生活の中で規則正しい生活習慣を確立しながら、遊びを通した幾多の経験の中で健康な身体を培っています。

園舎の近くには山や野原があり、豊かな自然環境に恵まれています。園児は普段の生活の中で自然とのふれあいや飼育栽培活動など、実体験、感動体験を通じて、生命の尊さや労働の大切さを知り、そして、絵本やごっこ遊びではイメージをふくらませ、表現しながら遊びを楽しんでいます。また、友だちや様々な人との関わりを通して、自分の思いを主張したり、相手の思いを受け入れたりする中で、認め合い、支え合うことを学びます。園では、お家の人や地域の人たちが保育に参加する機会を広げながら、共に子育てをしています。


近くの里山と緑の木々に囲まれた、わかば台保育園。園舎の前にはどんぐりの木があり、どんぐりの実や綺麗な落ち葉を集めて紙にペタペタと貼って製作に使うなど、季節の遊びを楽しんでいます。

 
園庭には畑があり、さつまいも、かぼちゃなど、まだ暖かい気温の秋頃までに収穫できる季節の野菜を育てています。また、園庭にはすべり台などの遊具のほかには小山もあり、冬は雪遊びを楽しんでいます。

~里山へでかけよう~
この日は、5歳児が園舎から10分程歩いたところにある里山へ出かけました!
 
山道に入るところにはどんぐりの木があり、園児はどんぐりを拾い集めていました。
「見て見て!どんぐりをたくさん拾ったよ~!!」

 
そして、緑に囲まれた細い山道を前へと進んでいきます。

 
少し歩いたところにある広場に着くと、先生からルーぺや聴診器が渡されました。
さて、これらは一体何に使うのでしょう?

 
さあ、探索へ出発進行~!!みんな、ワクワクしていた様子。
そして、どんどん山の中へ進みます・・・

 
ようやく、聴診器とルーペの出番のようです。何に使うのかな?

 
(写真左)「みんな、木からはどんな音が聞こえる~?」と、先生が木に耳をあてながら言います。園児も聴診器を木にあて、音を聞いていました。

 
今度はルーペを使って、様々なものをレンズ越しに覗いています。

 
ミミズを発見!興味津々な様子で、軍手越しから順番にミミズを触る園児。
「わあ、ニョロニョロと動いているよ~!」

 
(写真左)見上げるほどの大きな木がいっぱい。山の中は木漏れ日が差し込んでいました。
(写真右)木の実や落ち葉を拾い集める頃には軍手も真っ黒になりました。「ほら、こんなに真っ黒になったよ!」

雨で湿って、所々にぬかるむ山道。園児は、もと来た道を探索しながら下山しました。

 
山を下り終えて広場に帰ると、虫を見つけて昆虫採集!子ども達の探究心は続きます。
何の虫~?の問いかけに、「コオロギ~!」と、園児。

 
帰り際には、全員でお世話になった山に向かって”ありがとう”を大きな声で伝え、もと来た道を帰りました。

<堀江園長先生にお話を伺いました!>
本園は山や野原が近く、たくさんの緑に囲まれていて、恵まれた自然環境にあります。近くには若葉台の里山があり、春の新緑、秋の紅葉など季節ごとに色の変化が見られ、季節を通じて自然に触れる機会がたくさんあります。山が近いと綺麗な色をした鳥がたくさんやってきて、子ども達と里山へ出かけてもいろんな鳥のさえずりを耳にします。バードウォッチングとまではいきませんが、山の中で静かに耳を澄ませていると、鳥のさえずり、風、水の音が聞こえ、このような感性をくすぐる活動も園でのねらいの一つです。

また、春・夏・秋・冬では自然も違うことから、見られる小動物も変わります。冬はなかなか機会がないですが、夏は山に登るところの沢で、サワガニをとったり、貝、ヤゴ、カエルなどの水辺の生き物を見つけたり、カブトムシやクワガタが木にいるのを見つけては、昆虫採集をしています。

そして、今日は5歳児だけで山へ出かけましたが、出かけるときは4、5歳児が一緒に里山へ行き、山の中に入って自然の中での体験活動に取り組んでいます。3歳児は、山へ入る手前にある多目的広場、野原で自然物を採取したり、また、3歳未満児は園庭や園舎の前の庭に広がる自然に触れるなど、各年齢で出来る活動を取り入れています。
それから、園庭にある畑では暖かい時期に収穫できる野菜を育てていますし、そのほかにもバケツでお米を育てるなど、里山以外でも自然に多く触れる機会をつくっています。

このように、本園では自然豊かな環境を生かした様々な体験を通して、豊かな感性をはぐくんでいます。そして、これらが「生きる力」の素地を培い、学びの基礎となるよう願っています。


「遊びの中で、学びを見つけてほしい。」と話す、堀江園長先生。

≫≫わかば台保育園≪≪
〒689-1112 鳥取市若葉台南2丁目205-2
TEL 0857-52-6126 FAX 0857-52-6160
HP:http://www.tottorifukushikai.jp/shisetsu/wakabadai/