h2_kosodateinfo.jpg
Twitter Facebook

発達障がいへの理解と支援

 発達障害者支援法において、「発達障害」は「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能障害であってその症状が通常低年齢において発現するもの」と定義されています。
 また、この法律により、それぞれの障がい特性やライフステージ(年齢)に応じた支援が国・自治体・国民の責務として定められています。

 子ども発達支援課