h2_kosodateinfo.jpg
Twitter Facebook

予防接種を受けましょう

 感染すると重症になったり、重大な合併症・後遺症などが生じる可能性がある病気については、予防接種を受けます。個人防衛であると共に、国際化された今日では社会防衛としての必要性もあります。計画的にきちんと、予防接種を受けましょう。

おもな予防接種

 予防接種は、集団で受けるものと、医療機関で個別に受けるものとがありますが、いずれも子どもの体調のよいときに受けましょう。心配なことがあるときにはかかりつけ医や保健婦に相談してください。
※予防接種スケジュールはこちらをご覧ください。

 予防接種スケジュール(国立感染症研究所感染症情報センター)

予防接種

接種間隔

 予防接種を安全かつ効果的に実施するために、間隔をあけることが必要です。ただし、急に引っ越すことになったなどの場合は、医師か市町村役場にご相談ください。いつ、どんな予防接種をしたのかは、接種時に母子手帳に記録されます。
 次の予防接種を受けるまでに・・・
 4週間以上あけるもの(生ワクチン使用)
 BCG、ポリオ、麻疹、風疹、麻疹風疹混合、おたふくかぜ、水痘
 
 次の予防接種を受けるまでに・・・
 1週間以上あけるもの(不活性化ワクチン使用)
 三種混合、二種混合、インフルエンザ、日本脳炎、B型

生ワクチン
 生きた病原体の毒性を弱めたもので、その病気にかかったのに近い免疫(抗体)ができます。そのため、接種直後に体内でワクチンの病原体が増殖するため、発熱や発疹などの軽い症状が出ることがあります。抗体ができるのに約1カ月かかるため、次の予防接種までは4週間以上あける必要があります。

不活性化ワクチン
 病原体を殺し、免疫を作るのに必要な成分を取り出して、毒性をなくしたものです。抗体を作るためには何度か接種する必要があります。
※ただし、三種(二種)混合に続いて二種(三種)混合を接種する場合は、3週間から8週間の間隔をあけてください。

定期接種と任意接種

定期接種
 ある年齢になったら接種するのが望ましいと法律で指定されている予防接種です。費用は、自治体が定めた期間内に接種すると無料になります。
※各市町村にお問い合わせください

任意接種
希望者のみが接種する予防接種です。希望される方は医療機関にお問い合わせください。
任意予防接種が受けられる医療機関(健康政策課)