h2_kosodateinfo.jpg
Twitter Facebook

かかりつけ医の重要性

 乳幼児期は、曜日や時間にかかわらず突然病気になります。あわてなくてもすむよう、時間外に診療してくれる医療機関を確認しておきましょう。また、子どもの症状を総合的に判断できる、かかりつけ医を決めておくようにしましょう。

信頼できる小児科医を持つ

 小児科専門のかかりつけ医をもちましょう。小児内科的疾患だけでなく、目や耳や皮膚の異常も、最初の診断は小児科でも大丈夫です。また、健診や予防接種もしてもらえます。健康管理や育児の不安なども気軽に相談できます。

急病やけがをしたとき

 小児科休日夜間急患診療体制はこちらから(医療政策課)
 県内の医療機関の検索はこちらから(医療政策課)