h2_event.jpg

【東部】ドイツの暮らしトークセッション&座禅

ドイツの暮らしトークセッション&座禅

日本人移住者が増加しているドイツ ベルリン。なぜ、ドイツで暮らしたい人たちが増えているのか。日本の暮らしとドイツの暮らしの違いは何があるのか。

3.11をきっかけにベルリンへ移住され、世界に禅の作法を説く星覚さん。そして、ドイツエアランゲン市に在住で「ドイツの地方都市はなぜクリエイティブなのか」の本も書かれているジャーナリストの高松 平藏さんをお招きして、なぜドイツを拠点に選んだのか、そして実際にドイツでの暮らしや食、子育てや教育、コミュニティなどのお話を伺います。

日時:令和元年5月23日(木)16:00~17:30

<タイムスケジュール>
16:00~16:50 トークセッション(会場:日本財団まちなか拠点内)
17:00~17:30 座禅(会場:鳥取県立図書館前芝生広場)

【参加費】
・大人 2,000円
・高校生以下無料

~どちらかの参加でもOKです!~
※坐禅のみ参加の場合の参加料金は、大人1000円/高校生以下無料です。

【対象】
どなたでもご参加いただけます。

 

「ドイツエアランゲンに学ぶオープンスペースの楽しみ方」

ドイツエアランゲン市は人口が鳥取市の約半分ですが、一人当たりGDPがドイツ全体の平均の約2倍以上あるなど、非常に豊かな地域です。シーメンスをはじめ寺領技術関連の産業集積が進んでいるという側面もありますが、市民レベルで町の文化を作っていこうという風土や環境があります。

この度、同市に在住で「ドイツの地方都市はなぜクリエイティブなのか」といった本も書かれているジャーナリストの高松 平藏さんをお招きして、同市におけるまちづくりの考え方や広場やカフェなど、オープンスペースの活用の仕方について考えていきたいと思います。

日時:令和元年5月23日(木)17:00~19:30
場所:鳥取県立図書館

<タイムスケジュール> 当日参加OK!
17:00~18:00【第1部】交流イベント
18:00~19:30【第2部】高松氏講演

【参加費】
無料

【対象】
行政やNPO、大学生等、まちづくりに関われる方、ご関心のある方

<その他>
当日は、17:00~図書館前にてCAFE KOHANHE(カフェ湖畔へ)出張販売があります。みなさまと交流をお楽しみください♪

▲△▲△▲△▲△問合せ先▲△▲△▲△▲△▲
Tottori Mama’s
鳥取市戎町418(日本財団まちなか拠点内)
TEL: 090-6834-6144 (9:00~17:00 平日のみ)
▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲
▼▽子育て王国とっとり▽▼
https://tottori-mamas.com/